ホーム > 住友生命について > ビジネスマナー > 一般手紙文、時候の挨拶

一般手紙文、時候の挨拶

一般手紙文の構成

書式サンプル 書式サンプル
書簡文慣用語 へ
時候の挨拶 へ
書式サンプル
書式サンプル
● 頭語 頭語と結語は対応した適切な用語を使う。儀礼的な手紙でなければ省略してもよい。
● 前文 時候、安否、感謝・陳謝の挨拶も書く。見舞い状や弔慰状の場合は省略する。
● 主文 書き出しは一字下げて、用件を書く。
● 末文 終わりの挨拶と頭語に対応した結語を書く。
● 日付 本文より2〜3字下げて小さめに書く。
● 署名 差出人の署名は下を本文にそろえる。
● 宛名 宛名は上を本文にそろえ、大きめに書く。
● 脇付 相手への一層の敬意を示すもので、敬称の左下に書き添える。「親展」で送る場合や弔慰状では用いない。
※目上の人に対して…………「侍史」「台下」「尊下」など。
※同輩に対して…………「机下」「机右」「座下」「座右」など。
● 副文 追記する必要がある場合「追伸」として書く。
ページトップへ

書簡文慣用語

  頭語 ←→ 結語
一般の時 拝啓(拝白、啓白) ←→ 敬具(敬白、拝具)
★謹んで申しあげます ★乱筆お許しください
急用の時 急啓(急呈、急信) ←→ 不一(草々、怱々)
★取り急ぎ申しあげます ★かしこ
丁寧に 謹啓(謹呈) ←→ 敬白(再拝)
前文省略 前略(冠略、略啓) ←→ 草々(早々、不一)
返信の時 拝復(復啓、謹復) ←→ 敬具(拝答、謹答)
★お手紙拝見いたしました ★右ご返事まで

★印は女性の場合に使用

ページトップへ

時候の挨拶

1月
(睦月 むつき)
初春の候、大寒の候、厳寒のみぎり、新春とは申しながら、毎日厳しい寒さが続いております、寒さ厳しい折から
2月
(如月 きさらぎ)
晩冬の候、立春の候、春寒のみぎり、立春とは名ばかりで、春まだ浅く寒さ厳しい折
3月
(弥生 やよい)
早春の候、浅春の候、向春の候、水温の候、啓蟄、日増しに暖かくなってまいりました、だいぶ春めいた昨今ですが
4月
(卯月 うづき)
春暖の候、春爛漫の候、陽春の候、花冷えの候、春もたけなわのこの頃ですが、春眠暁を覚えずと申しますが
5月
(皐月 さつき)
新緑の候、若葉の候、薫風の候、風薫る爽やかな季節となりました、若葉の美しい季節がまいりました
6月
(水無月 みなづき)
初夏の候、梅雨の候、孟夏の候、向夏の候、うっとおしい雨が続いておりますが、さわやかな初夏となり、いよいよ梅雨に入りました
7月
(文月 ふみづき)
盛夏の候、炎夏の候、酷暑のみぎり、暑中お見舞い申し上げます、暑さ厳しい折、近年にない暑さですが
8月
(葉月 はづき)
晩夏の候、立秋の候、残暑厳しい折から、立秋とは名ばかりで、まだまだ暑い日々が続き、なお厳しい今日この頃
9月
(長月 ながつき)
初秋の候、新秋の候、秋冷の候、秋彼岸をすぎてめっきり涼しくなりました、朝夕涼しくなりましたとはいえ
10月
(神無月 かんなづき)
秋涼の候、錦秋の候、天高く馬肥ゆる秋、木々も色づきはじめ、秋もたけなわの今日この頃、秋も深まり
11月
(霜月 しもつき)
晩秋の候、深秋の候、向冬のみぎり、朝夕はめっきり冷え込む季節となりました、朝ごと冷気が加わって
12月
(師走 しわす)
初冬の候、寒冷の候、師走の候、年の瀬もおしせまり、歳末ご多忙の折、何かとあわただしい年の瀬を迎え
ページトップへ

編集:(株)京阪神エルマガジン社


ページの先頭へ戻る