ホーム > 住友生命について > ビジネスマナー > 封筒の書き方(封筒縦書き、封筒横書き)

封筒の書き方

封筒縦書き

封筒表 封筒表 封筒裏
封筒裏
住所が長くなるときは二つに分け、宛名はなるべく中央に住所より大きく書く。肩書きは宛名より小さく。 寄宿や間借の場合は、「○○方」と呼びすてにせず、「○○様方」と書く。 差出人の住所や名前は宛名より小さく。 日付を書く場合は右上に書く。封緘語は一般に「〆」、「封」、「緘(女性は使わない)」を使用。
ページトップへ

角封筒横書き

角封筒横書表 角封筒横書裏

角封筒を横書きにする場合も、字の配列や大きさに気をつけて書く。

ページトップへ

角封筒縦書き

角封筒縦書表 角封筒縦書裏(慶事) 角封筒縦書裏(弔事)

角封筒の縦書きの場合、裏の封の閉じ方に要注意。
慶の時は右から左に、弔の時は左から右に閉じる。

ページトップへ

返信が必要な場合

返信が必要な場合 返信が必要な場合

出席の返信が必要の場合は期限までに。出席・欠席ともに一言を添えておく。
表の「行」は個人宛は様、会社宛は御中にする。
裏は“御”などの文字を消す。1字消すときは2本斜線、2字以上は2本平行線で行う。

ページトップへ

編集:(株)京阪神エルマガジン社


ページの先頭へ戻る