ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 少子化・子育て > 未来を強くする子育てプロジェクト > 子育て支援活動の表彰 > 第7回 > 受賞団体

未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰 女性研究者への支援 プロジェクトからのメッセージ 選考委員会のご紹介 結果発表 コンテンツマップ Facebook 住友生命公式ページ 住友生命のCSR
子育て支援活動の表彰
第7回 未来賞
Kacotam 北海道札幌市 代表者:高橋 勇造 「考え、行動して、楽しむ」 それが、私たちの学習支援のモットーです

活動内容

経済的理由や家庭環境などによって十分な学習環境にない子どもたちを対象に、
楽しい学びの場を提供しています

● 子どもたちに十分な学習の機会を提供したい

 十分な学習環境にない児童養護施設の子どもたちや、 ひとり親家庭・生活保護世帯の子どもたちを対象にした学習支援を行っています。 当初は個人で運営していたこの活動も、現在は多くのボランティアの参加を得るとともに、 地域の子育て支援団体などとも連携を図ることで、札幌市内に4ヶ所の学習教室を構えるまでになりました。 一人では限界を感じてしまうことでも、多くの人が力を合わせれば実現できることを実感しています。

● 多様な大人にふれてほしいから「先生」の経歴はさまざまです

 私たちの活動の特徴のひとつに「メンバーの多様性」があります。先生役を務めるのは、 大学生・大学院生から社会人まで、専攻も職業も実にさまざまです。子どもたちには親や教師、施設のスタッフだけでなく、 こうした多様な大人たちと日々接することで知見を広げ、 コミュニケーション能力をはじめとした社会性も身につけてもらいたいと考えています。

● 成績がよくなることよりも大切なこと

 学習教室に最初に通い始めた第一期生全員が無事に高校合格を果たすなど、 支援の成果は目に見える形で表れ始めています。とは言っても進学塾ではないので、 私たちは成績の向上だけを目標にすることはしていません。むしろ子どもたちには、 この教室に通うことで「学びをいかに楽しむか」を知ってもらいたいと思っています。 進学率よりも、学習に対する興味や意欲を高めていくことが、私たちの活動の目標です。

受賞の言葉

この度はこのような賞をいただき、ありがとうございます。 私たちはまだまだ団体としては未熟ですが、学習支援への社会的関心の高まりと今後の私たちの 活動への期待が後押しをしてくれた受賞だと考えています。これからも必要としている子どもたちに、 学びの場を提供できるよう一歩ずつ着実に歩んでまいります。

受賞後の様子
 受賞したことをきっかけに、知り合いから声が届くようになり、それをきっかけにさらに人から人へつながりが広がっていくということを実感しました。この賞は、私たちの活動に対して将来への期待を込めていただけたものと考えています。
 現在、10ヶ所の場所で学習支援を実施できるまでになりました。利用している子どもたちからは、「教え方が本当に分かりやすかった」「分からない問題も解けるようになってよかった」という声を多くもらっています。また、今までつながりのなかった大学生がメンバーとして参加してくれたり、大学内に「Kacotamサークル藤」をつくったり、全国版の新聞に私たちの活動が掲載されたりと、少しずつ活動に広がりをみせています。
団体プロフィール
名称 Kacotam
活動開始 2012年1月
スタッフ 60名
連絡先 〒001-0922
北海道札幌市北区新川2条5丁目1-13
TEL:090-9750-6064

主催:住友生命保険相互会社 お問合せ先:「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局 TEL:03(3265)2283(平日10:00〜17:30)


ページの先頭へ戻る