ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 住友生命グループのCSR経営

住友生命グループのCSR経営

CSRの精神は、住友の伝統精神に脈々と流れ続けています。住友生命は事業活動を通じて、豊かで明るい長寿社会の実現に貢献していくべく、CSRの考え方を経営方針に定めています。
また、事業の健全な運営のため、経営管理の取組みも強化しています。

住友の伝統精神

CSRの考え方は住友の歴史の随所に織り込まれており、当社を含む住友各社へ受継がれ、経営活動の基本とされています。

企業理念とCSR

当社の経営は企業理念「経営の要旨」を頂点とし、「CSR経営方針」「住友生命ブランドビジョン」の理念のもとで行われています。

コーポレートガバナンス

透明性が高い相互会社組織を実現し、お客さまの声を大切にしていく会社を目指しています。

コンプライアンス

お客さまの信頼にお応えし続けていくため、コンプライアンス推進体制を構築しています。

リスク管理

誠実な業務遂行、健全な財務基盤の確保のため、適切なリスクコントロールを行うことを基本としています。

資産運用

生命保険という長期にわたる負債の特性に応じて、金利リスクを適切にコンロールしながら安定的な収益を確保することを基本としています。



ページの先頭へ戻る