ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > CSR重要項目の選定プロセス

CSR重要項目の選定プロセス

当社は、経営方針のひとつとして「CSR経営方針」を策定しCSR経営を推進しております。こうした中でCSRを取り巻く国際的な潮流を踏まえ、CSR経営を推進する上で重要となる項目(CSR重要項目)を選定しました。
CSR重要項目の選定にあたっては、GRIスタンダードで示される重要性判断プロセスをベースに、以下の手順で検証作業を実施しました。

STEP1:CSR関連項目の洗い出し

国際的な各種ガイドライン等、外部リソースによる助言等を参考に、CSRに関連すると考えられる項目の洗い出しを行いました。さらに、項目の集約と修正を行い調査の対象とする項目を抽出し整理いたしました。

CSR関連項目の洗い出し

STEP2:社内外の評価に基づく絞り込み

STEP1で抽出した項目について社内外からの意見を反映し、「ステークホルダー視点」「当社事業視点」の両軸から優先順位付けを行いました。両軸からの優先順位をもとに、ステークホルダーと当社双方から見て特に重要度の高い16項目を選定いたしました。(下図参照)

社内外意見の反映
ステークホルダー・当社双方にとって特に重要度の高い項目を選定

STEP3:CSR経営方針に基づいたCSR重要項目の検証

当社は、CSR経営方針を踏まえて5つのCSR重要項目を整理しております。本プロセスから導かれた16項目がこの5つのCSR重要項目に当てはまることを確認し、その妥当性を検証いたしました。

CSR重要項目


ページの先頭へ戻る