誰かの「万が一」を、
支えるために。

2012年入社

山田 晃裕

保険金部 支払企画室
主任

生命保険の「肝」を担う

人はなぜ、生命保険にお金を掛けるのか。それは「自分の身に万が一のことが起こった際、家族や親族の生活を守るため」です。だからこそ、その保険金・給付金の支払いには、絶対に間違いがあってはいけません。
現在、私が携わっているのは、そんな生命保険の「肝」である支払事務に関する業務。保険金・給付金に関する支払事務の効率化や、システムの企画がその仕事です。どうすればミスなく効率的に働くシステムがつくれるのかを、実際にそれを使って作業する職員とシステムを構築する関連会社の間に立って考えることが役割です。自分自身が支払事務を直接担うわけではないので「どうなると使いやすくなるのか」といった点は、実際に使用する職員の意見を参考にすることが当たり前。それらを耳にしながら、より良い支払管理態勢をつくるため、日々考えを巡らせています。

先輩画像

「挟まれる」ことで、成長する

この仕事に携わっていると、支払事務担当側の意見とシステム開発側の意見に「挟まれる」ことがあります。簡単ではありませんが、その間に立ち上手く課題を乗り越えた際の達成感は、言葉では表現できないほど。双方とコミュニケーションをとり、こちらから解決案を提示しながら、だんだんと理想の態勢に近づけていくその行程は、とてもエキサイティングです。
ただ、そのためには支払事務とシステム両方の知識が必要となることも事実。分からないことは自分で調べながらも、どうしても理解できないことは先輩職員からアドバイスをいただいています。どなたもフランクに接してくれる方ばかりなので、その経験と知識量に支えていただいています。

先輩画像

「スピード感」を、信頼に繋げる

コミュニケーションが何よりも大事な仕事だからこそ、大切にしていることがあります。それは「スピード感」。どんなに良いシステムをつくろうと思っても、そこには必ず期限がある。だからこそ、依頼されたことには即座に反応することを心がけています。具体的には、依頼されたことに対して「こうしてみました」といった反応をすぐ見せることもその一つ。そうすることで、相手の方にも「進んでいるんだな」という安心感を持ってもらうことができると思うのです。
いまやりたいことは、さらなる知識の習得。例えば、日常の業務においても、システムの全体像を把握できるようになればそれだけレスポンスも早くできるようになり、提案できる解決策の幅も広がる。すると、信頼感はより大きなものになりますし、その分だけ大きな仕事にも繋がっていくでしょう。今後もそういった経験を繰り返しながら、理想の自分へ成長していきたいと思います。

profile

医学部卒。「理学療法士」を目指すも、大学時代の知人が入院や手術で金銭的に困っている姿を見て、生活する人々を支える生命保険に興味を持つ。その後、就職活動では、住友生命の社風や職員の魅力に惹かれ入社を決めた。現在は様々な新商品の保険金・給付金の支払事務などに関する責任の大きな仕事を担う。
  • 新卒採用トップ
  • 一般職
  • 総合営業職
top