楽しむことから、
未来が始まる。

2016年入社

神 藍里

札幌すみれい営業センター

「人が好き」から始まった、
札幌すみれいとの出会い

昔から、人と接するのが大好き。特に学生時代は、ボランティア活動を通していろんな世代の方にお話を聞くことができました。そのため、就職活動に際しても「人と関わりながら働けること」と「地元・北海道で働けること」の二つを大事なポイントとしていました。その中でも住友生命は、面接で「私自身の人となり」を見てくれたこと、そして出会う職員の誰もが素敵で、素直に「この人たちと働きたい」と感じ、入社を決めました。
人に魅力を感じて入社を決めましたが、一方で金融や生命保険に関する知識には不安がありました。そんな心配を払拭してくれたのが、会社が用意してくれた教育制度。用語すら分からない私たちに合わせて、テキストを「一緒に読む」ところから始めてもらえたので、すごく安心できました。充実した研修と丁寧な指導のおかげで、少しずつ仕事に必要な知識を得ることができました。

先輩画像

想いを伝える、積み重ね

元々、人と関わることが好きだった自分にとって、初対面の方とのコミュニケーションに苦手意識はありませんでした。しかしながら、仕事となるとすぐにはうまくいきません。初めの頃は、研修で教わったことを早くお客さまにお伝えしたいのに、なかなか保険の話を聞いていただけず、苦労しました。なぜなら、お客さまにとって生命保険は大切なものである一方、なかなか身近に必要性を感じることが難しい商品だからです。そのため、まずはお客さまのことを知り、話に耳を傾けていただける信頼関係を作ることが大切。保険に限らず「今日のランチは何を召し上がったんですか?」など、日常の雑談から始めるように心がけました。次第にお客さまとの距離が近くなり、いまでは「神さん」と名前で呼んでいただけるようになりました。また、限られた時間の中でお客さまとじっくりお話できる機会は貴重なもの。自分の想いをしっかり伝えられるよう、この時間を大切にしたいと思っています。

先輩画像

楽しもう。そこから、
いまより強い未来が始まる

喜んだり落ち込んだりと忙しい毎日ですが、そんな中でも忘れられない言葉があります。それは、お客さまに上手くお話ができずに落ち込んでいた際、トレーナーからもらった「楽しむことは、やめちゃだめだよ」という言葉です。仕事を楽しんでいれば、お客さまにもそれが伝わります。常に明るい気持ちでいれば、色々なことが自然とポジティブな方向へ回り出します。その言葉を意識して行動するようになってから、自分自身も、自分が所属する組織にも良い影響を与えていることを実感しています。こういった仕事に対する向き合い方を教えてくれたトレーナーにとても感謝しています。
トレーナーはいつも私自身に寄り添った指導をしてくれて、まるで道しるべのような存在です。仕事の時間だけではなく、時には一緒にご飯や旅行へいったりと、楽しく関わっていただいています。私もいまは後輩もできましたが、自分のことで精いっぱいだった新人の頃に比べて、少し周囲のことも考えられるようになってきたと思います。もっと「状況を客観できる力」を養って、後輩のフォローができるようになりたいです。そして将来はトレーナーになって、私も後輩と良い関係を築いて、一緒に楽しんで仕事をしたいです。

profile

学生時代は経済学を専攻。プライベートでは、老人ホームでのサポートや街のゴミ拾い、夏フェスでのゴミ分別呼びかけといった、様々なボランティア活動に携わっていた。就職に際しては、自身も「大好き」と話す、地元・札幌での勤務を希望。家族や友人も暮らす道内で、しっかりと社会人として歩みたいと考えていた。現在は担当する数社へ訪問し、お客さまへ保険のコンサルティング営業をおこなっている。
  • 新卒採用トップ
  • 総合職
  • 一般職
top