個性の数だけ、
成功が生まれる。

2009年入社

今橋 怜子

大阪すみれい事業部
セクションマネージャー

「営業」と「自分らしさ」
がいきる場所

営業に興味を持ったのは、大学時代にコールセンターのアルバイトを通じて知った「かたちのないものを販売する面白さ」。お客さまへの伝え方やコミュニケーション次第で結果に大きな差が生まれる。その醍醐味を仕事にしたいと考え生命保険の営業と出会いました。
住友生命を選んだ理由の一つは、キャリアステップが明確だった点。入社後3年間は営業の経験を積み、その経験をいかして様々なキャリアを広げていけるという点が私にはとてもイメージしやすかったです。また、選考を通じて出会った先輩職員の方々が魅力的だったから。それぞれ自分のカラーを持っていて、個性を大切にした育成をしてくれる環境にも惹かれました。

先輩画像

大切なのは「向き合うこと」

入社後3年間の営業は、始めは思うようにいかず悩むこともたくさんありました。そんな時上司から「出会いはご縁。あなたなりにお客さまのためにできることは必ずあるはず」とのアドバイスを受けたことで自分の仕事に対する向き合い方が大きく変わりました。自分のためだけではなく、出会ったその方のために何ができるのかを一生懸命考えることを意識すると、不思議とお客さまの反応が変わり、仕事が楽しく面白くなってきました。
4年目にトレーナーに昇格した当初もなかなかうまくいきませんでした。3年間の経験で、ある程度営業に対する自信もあったので、自分なりに指導をしているつもりでいましたが、実は思うように伝わっていなかったり、できると思っていたのにできなくて部下が自信をなくしてしまいそうになることも。そんな時、当時の上司に「本人たちの本音にちゃんと向き合えてる?」という指摘を受け、自分の目線で部下に指導を押しつけてしまっていることに気づくことができました。
それからいまでも常に心掛けているのは「毎日必ず一人ひとりと顔を見て会話すること」。個性が異なる部下と信頼関係を育むには、密なコミュニケーションと心配りが大切なんです。

先輩画像

個性は、千差万別。
だからこそ、無限の成功例が生まれる

現在の仕事は、セクションマネージャーとして4名いるトレーナーを中心に、25名の部下をマネジメントしています。
部下は一人ひとり違った個性があるので、目指すゴールは一緒でもプロセスは人それぞれにする必要があります。人によって理解の仕方も、覚えるスピードも、効果のある指導の仕方も違うんですよね。だから、一人ひとりに寄り添って、個性を尊重しながら、ゴールまでの道しるべとなって導くことが私たち指導者の役目。それで、それぞれが成功した事例をみんなで共有することで、部下自身が相互で学びあうことでの成長もあります。ちなみに、私たち指導者も部下から学ばせてもらうことがたくさんあるんですよ。そして、いまでは育成した教え子がトレーナーとして頑張っている姿や、他部門で活躍している姿をみると本当にうれしくなります。
私自身の今後の目標はキャリアアップを通じて、時代や環境の変化に柔軟に対応していける人になること。頑張りを評価して、新たなチャンスを与えてくれる当社の風土が私にとって大きなモチベーションになっています。上司に教えてもらった多くの大切なことをこれからも後輩に伝えていきたいと思っています。

profile

大学時代は、イタリア語を専攻。1年間の留学を経験し、日常会話程度なら問題ない語学力を得た。就職活動にあたっては、コールセンターのアルバイトを通じて覚えた「かたちのないものを販売する面白さ」を感じられる点を重視。また、長年過ごす大阪で働きたいという想いもあった。現在は、セクションマネージャーとして約25名のマネジメントに携わる。
  • 新卒採用トップ
  • 総合職
  • 一般職
top