ホーム > お知らせ一覧 > 保険金等のお支払状況等について

保険金等のお支払状況等について

◆平成29年度 第1四半期◆
「保険金等のお支払状況等」
について

<目次>
1. 保険金等のお支払状況について(平成29年度第1四半期)
2. 保険金等のお支払いに関する「相談窓口」の利用状況について
3. 「社外弁護士による無料相談制度」の利用状況について
4. 「保険金等支払審議会」の開催状況について

1.保険金等のお支払状況について(平成29年度 第1四半期)

保険金等の支払件数、支払非該当件数およびその内訳
     
        合計
死亡
保険金
災害
保険金
高度
障害
保険金
その他 保険金
合計
死亡
給付金
入院
給付金
手術
給付金
障害
給付金
その他 給付金
合計
支払件数 12,553 272 418 7,071 20,314 3,622 186,534 88,380 440 25,705 304,681 324,995
  支払事由
に非該当
0 21 115 540 676 0 409 8,079 48 784 9,320 9,996
免責事由
に該当
38 7 3 0 48 49 102 22 0 22 195 243
告知義務違反
による解除
11 0 1 9 21 0 86 32 0 0 118 139
詐欺による取消
詐欺による無効
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
不法取得目的
による無効
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
重大事由
による解除
0 0 0 0 0 0 2 0 0 3 5 5
その他 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  支払非該当
件数合計
49 28 119 549 745 49 599 8,133 48 809 9,638 10,383
注1) 生命保険協会にて策定した基準に則って支払件数、支払非該当件数を計上しております。
注2) 支払件数、支払非該当件数は個人保険および団体保険の合計です。なお、団体保険は、当社が支払査定をしている件数となります。
注3) 上表における支払非該当理由のご説明は下表のとおりです。

事由 概要
支払事由に非該当 約款では、保険金・給付金ごとにお支払いする事由を定めております。
ご請求いただいた内容がお支払いする事由に該当しない場合、保険金・給付金のお支払いはできません。
例) 高度障害状態の原因となった事故や疾病が、ご契約の責任開始期前のものであったとき
免責事由に該当 約款では、保険金・給付金ごとにお支払いできない事由を定めております。
ご請求いただいた内容がお支払いできない次の事由に該当する場合、保険金・給付金のお支払いはできません。
例) 責任開始の日から起算して3年以内の被保険者の自殺、または保険契約者・受取人の故意により、被保険者が死亡し、死亡保険金を請求されたとき
告知義務違反
による解除
ご契約の際に、被保険者の故意または重大な過失によって告知いただいた内容が事実と異なる場合、ご契約を解除することがあります。この場合は、解約返戻金を保険契約者にお返しいたします。
詐欺による取消
詐欺による無効
ご契約の際に、保険契約者または被保険者の詐欺行為があった場合、保険契約は取消(無効)となります。この場合は、払い込まれた保険料は払い戻しいたしません。
不法取得目的
による無効
保険金・給付金を不法に取得する目的で保険契約にご加入された場合、保険契約は無効となります。この場合は、払い込まれた保険料は払い戻しいたしません。
重大事由による解除 保険金・給付金を詐取する目的で事故を起こした場合などは、ご契約を解除することがあります。
ページトップへ▲

2.保険金等のお支払いに関する「相談窓口」の利用状況について

当社では、保険金・給付金をお支払いできなかったお客さまを対象に、よりわかりやすく丁寧なご説明を行うために、専用の相談窓口を開設し、専任の担当者が直接お客さまからのご相談を受け付けています。
a.平成29年度 第1四半期
  合計  
保険金 給付金
利用件数(利用率) 38件(1.3%) 13件 25件
フリーダイヤル案内件数 3,017件 581件 2,436件
対象となるお客さま:保険金、給付金をお支払いできなかったお客さま
b.支払非該当理由ごとの相談件数
支払事由に非該当 29件

入院・通院・手術給付金 10件
運動器損傷・顔面損傷給付金 6件
高度障害保険金 3件
介護保険金 3件
重度慢性疾患保険金 3件
特定疾病保険金 1件
早期ケア給付金 1件
障害給付金 1件
保険料払込免除 1件
告知義務違反による解除 8件
免責事由に該当 1件
ページトップへ▲

3.「社外弁護士による無料相談制度」の利用状況について

当社では、相談窓口のご説明でもご納得いただけない場合は、社外弁護士へご相談いただける制度をご用意しています。
平成29年度第1四半期は6件のご利用があり、主なご相談事案の概要は次のとおりです。
事由 種類 事案概要
支払事由に非該当 高度障害保険金 約款に定める高度障害状態に該当しないため、高度障害保険金支払非該当とした事案
支払事由に非該当 特定疾病保険金 満期消滅後の診断確定のため、特定疾病保険金支払非該当とした事案
支払事由に非該当 手術給付金 新生物根治放射線照射について約款に定める照射量に達しないため、手術給付金支払非該当とした事案
告知義務違反による解除 契約解除 復活前の受診歴・手術指示について告知がなかったため、告知義務違反による解除とした事案
ページトップへ▲

4.「保険金等支払審議会」の開催状況について

当社では、外部の専門家(大学教授、弁護士、消費者問題専門家等)で構成される保険金等支払審議会を平成18年6月に設置し、保険金等の支払業務に社外の視点を反映するよう取組んでおります。
a.平成29年度 第1回「保険金等支払審議会」開催概要
◇開催日   平成29年5月26日(金)
◇審議会委員   竹濵 修  委員長 (立命館大学教授)
江口 文子  委員 (弁護士)
馬場 圭太  委員 (関西大学教授)
田中 雅代  委員 (消費生活アドバイザー・消費生活専門相談員)
b.議題および主なご意見、審議結果
議題 報告・検討内容 主なご意見・検討結果
(1) 平成28年度
保険金等支払状況の報告
【報告事項】
平成28年度保険金等のお支払いおよびお支払もれ等の概況について報告しました。 報告内容についてご了承いただきました。
(2) 平成28年度
支払相談窓口および社外弁護士相談制度の利用状況の報告
【報告事項】

平成28年度の保険金等のお支払いに関する「相談窓口」および「社外弁護士相談制度」のご利用状況について報告しました。

報告内容についてご了承いただきました。
(3) (個人保険)保険金支払査定基準(規程)」の改定
【審議事項】
災害保険金支払査定において窒息による死亡(高度障害)に関する基準の改定について審議いただきました。 【審議結果】
査定基準改定の方向性について妥当とのご見解をいただきました。
(4) 具体的事案に関する支払査定判断の検証
【審議事項】
病理組織学的所見による診断確定が満期消滅後であったため、特定疾病保険金を支払非該当とした事案について審議いただきました。 【審議結果】
支払査定結果は妥当とのご見解をいただきました。
ページトップへ▲
以上

ページの先頭へ戻る