リスクについて

この保険は、運用対象や運用方針の異なる複数の特別勘定の中から、お客さまが選択された特別勘定の運用実績に応じて積立金額が変動し、年金支払開始日の前日末の積立金額等に基づいた年金額をお支払いする生命保険(変額個人年金保険)です。特別勘定の運用実績は株価の下落、金利・為替の変動等により変動するため、積立金額、解約返戻金額、死亡給付金額は一時払保険料を下回ることがあります。また、年金額にも最低保証はありません。

お客さまにご負担いただく費用について

費用の種類 費用の割合
据置
期間中
資産運用関係費

特別勘定の維持・運営にかかる費用

信託報酬として投資信託運用資産から控除します(下記年率は消費税込みの数値です)。

特別勘定の種類
主な運用対象
資産運用関係費
(*1)
6資産バランス
世界6資産バランスファンドVA
年率0.3564%
(*2)(*3)
国内株式インデックス
日経225VA
年率0.2160%
(*2)
国内株式B
フィデリティ・日本成長株・ファンドVA3
年率0.9504%
(*2)
国内債券A
国内債券インデックスファンドVA
年率0.2160%
(*2)
外国株式A
外国株式インデックス・ファンドVA1
年率0.4104%
(*2)
外国株式D
グローバル成長国ETFファンド・VA
年率約1.0060%
(*2)
(*4)
世界債券A
グローバル・ソブリン・オープンVA3
年率0.7560%
(*2)
不動産投資信託B
グローバル・リート・ファンドVA
年率0.7560%
(*2)
(*3)
米ドル短期金融市場
住友生命保険相互会社(直接運用)
積立金額に対して
年率0.1000%
短期金融市場
住友生命保険相互会社(直接運用)
積立金額に対して
年率最大0.0500%
(*5)
保険契約関係費

ご契約の維持・運営等にかかる費用(災害死亡給付金を最低保証するための費用を含みます)
(*6)

積立金額に対して以下の費用を控除します。

■契約年月日が平成19年4月1日以前の場合

運用実績1.5%以下
経過
年数
10年未満 年率0.90%
10年以上 年率0.60%
運用実績1.5%超  
上限
運用実績が1.5%を超過した分1.0%あたり0.05%を左記年率に上乗せします。 年率2.40%
年率2.10%

■契約年月日が平成19年4月2日以降の場合

運用実績1.5%以下
経過
年数
10年未満 年率1.00%
10年以上 年率0.70%
運用実績1.5%超  
上限
運用実績が1.5%を超過した分1.0%あたり0.05%を左記年率に上乗せします。 年率2.30%
年率2.00%
解約時にご負担いただく費用

解約日が契約日から10年未満の場合には、契約日からの経過年数に応じて、解約日末の積立金額から積立金の一定割合(6.0%〜0.6%)を差し引きます。

スイッチング(積立金の移転)の手続き時費用

インターネットによるスイッチングは無料です。

書面や電話でのスイッチングは年間(*7)12回までは無料でお取り扱いします。13回目以降のスイッチングの場合には、1回の移転につき1,000円を積立金額から控除します。

年金受取
期間中
保険契約関係費

年金額に対し、年率1.0%(*8)を毎年の年金支払応当日に控除します。

(*1)平成28年4月現在の費用率です。

(*2)上記信託報酬の他に信託事務の諸費用(監査報酬等)、有価証券の売買委託手数料および消費税等の税金がありますが、費用の発生前に金額や割合を確定することができないため、具体的な水準を表示していません。これらの費用は各特別勘定がその保有資産から負担するため、ユニット価格に反映することとなります。

したがって、お客さまにはこれらの費用を間接的にご負担いただくこととなります。

(*3)6資産バランスおよび不動産投資信託Bの主要投資対象である投資信託は、REIT(不動産投資信託)等のファンドを組み入れているため、上記年率の他に、投資対象ファンドの信託報酬等の費用がかかります。

これらの費用は事前にその金額や割合を確定することができないため、具体的な水準を表示していません。

(*4)外国株式Dの資産運用関係費には、投資対象となるETF(上場投資信託)の信託報酬等を含めています。なお、実際の費用は、投資対象となるETF(上場投資信託)の銘柄および投資比率によって変動するため、年率1.0060%を上回ることもあります。

(*5)短期金融市場の資産運用関係費は、利回りが年率0.1%未満の場合、[利回り(年率)×0.5]%となります(※)。利回りが年率0.1%以上となった場合は年率0.05%(上限)です。
(※)利回り(年率)が0%以下となった場合、資産運用関係費はゼロとなります。

(*6)短期金融市場の保険契約関係費は、1月から始まる1年間のうちはじめて前月末に残高が存在した月から3か月間については[0.01%+過去1か月間の短期金融市場の運用実績(年換算率)]と[通常費用(上記の据置期間中の保険契約関係費)]のいずれか低い方になります(※)(1年間で1回のみ有効)。それ以外の場合は、通常費用(上記の据置期間中の保険契約関係費)になります。
(※)運用実績(年換算率)が0%以下となった場合、該当月の保険契約関係費は0.01%となります。

(*7)年間とは、契約日または毎年の契約応当日から起算して、その翌年の契約応当日の前日までをいいます。

(*8)平成28年4月現在の費用率です。実際の保険契約関係費は年金支払開始時に住友生命の定める率となります。