ホーム > 【セキュリティ】金融犯罪にご注意ください! > 偽造・盗難キャッシュカード被害への対応について

偽造・盗難キャッシュカード被害への対応について

当社では、「偽造カード等及び盗難カード等を用いて行われる不正な機械式預貯金払戻し等からの預金者の保護等に関する法律」を踏まえ、「スミセイダイレクトサービス規定」に基づいて「偽造・盗難カード被害」の補償を実施しています。

お客さまに重大な過失または過失がある場合には、補償に応じられないこと等がございますので、カード・暗証番号の管理には、十分ご注意ください。

お客さまの重大な過失または過失となりうる場合

1.(重大な過失となりうる場合)

重大な過失となりうる場合とは、「故意」と同視しうる程度に注意義務に著しく違反する場合であり、典型的な事例は以下のとおりです。

2.(過失となりうる場合)

過失となりうる場合の事例は以下のとおりです。

以上



ページの先頭へ戻る