コンサルティング

生命保険の本質を伝えたい。

家族を思う気持ちを「生命保険」というかたちで備えておけば、それまでと変わらぬ愛情で家族の暮らしを支え続けることができます。私たちは、その大切さを伝えていきたいと考えています。

悲しみとともに貧しさが訪れないように。

生命保険の本質は、単に「加入している」という安心感を得ることではありません。実際に使う時をイメージして、「自分に何かあっても、家族が今まで通り生活でき、将来の夢や計画をあきらめなくてすむ」ような保障が準備できるということです。

生命保険の現状-

万一の際の死亡保障に充足している人は少ない。

生命保険加入率
約82% 加入している男性80.9% 加入している女性 81.9% (注)民間の生命保険会社や郵便局・JA(農協)生協・全労済で取り扱っている生命保険や生命共済(個人年金やグループ保険、財形は除
81%

(注)民間の生命保険会社や郵便局・JA(農協)生協・全労済で取り扱っている生命保険や生命共済(個人年金やグループ保険、財形は除く)の加入率を示す。

(公益財団法人生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度)

約82% 加入している男性80.9% 加入している女性 81.9% (注)民間の生命保険会社や郵便局・JA(農協)生協・全労済で取り扱っている生命保険や生命共済(個人年金やグループ保険、財形は除
81%

(注)民間の生命保険会社や郵便局・JA(農協)生協・全労済で取り扱っている生命保険や生命共済(個人年金やグループ保険、財形は除く)の加入率を示す。

(公益財団法人生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度)

死亡保障に対する充足感なし
(注)死亡保障とは、私的準備に公的保障、企業保障を含めた経済的準備。(公益財団法人生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度)
56%

(注)死亡保障とは、私的基準に公的保障、企業保障を含めた経済的準備。

(公益財団法人生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度)

(注)死亡保障とは、私的準備に公的保障、企業保障を含めた経済的準備。(公益財団法人生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度)
56%

(注)死亡保障とは、私的基準に公的保障、企業保障を含めた経済的準備。

(公益財団法人生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度)

生命保険に加入している人は男女ともに多く、生命保険は日常生活を送る上で必要不可欠な商品となっています。つまり、多くの人々がもしもの時に備えて、生命保険に加入しています。
一方で、死亡保障に充足感を感じている人は約34%にすぎず、「わからない」を含めると充足感を感じていない人は、約66%となっています。

生命保険の商品特性-

生命保険は目に見えないもの。

なぜ、死亡保障に充足感を感じている人が少ないのでしょうか?
それは、生命保険の商品特性によるところが大きいと言えます。家や車などと違って生命保険は目に見えない形の無い商品であること。そして、生命保険の根幹である生死の問題は積極的に考えたくない、ということもあるのでしょう。

FPDの役割と存在意義

適正なアドバイスができるプロの存在が不可欠です。

充足感が得られ、本当に必要な保障を認識して、生命保険に加入していただくためには、お客さまの将来設計をサポートし、適切なアドバイスができるプロの存在が不可欠です。「保険の目的(何のために保険に加入するか)」を考え、自分のこととしてイメージするためには経験に裏付けられたアドバイスが必要となり、「保障の金額(保険金額はどれくらい必要か)」を考える時には、専門的な知識が必要となります。また、加入いただいた後のライフプランの変化に対応するための定期的なメンテナンスも重要です。つまり、FPDが生命保険の加入から商品の納品(保険金支払い)までのサポートをすることで、お客さまが安心して生活できるというCustomer Happinessをサポートすることが可能になります。

WELL’Sのコンサルティングセールスとは-

生命保険は形がなく、自分に合ったものを選択することが難しい商品です。そういった目に見えない商品だからこそ、お客さまとのコミュニケーションが重要であり、プロセス(段階)を踏んだ上で、納得して生命保険にご加入いただくことが必要です。ウェルズが実践する保険コンサルティングとは、お客さまに生命保険の必要性を認識いただき生命保険に加入していただくことで、満足を提供すること。そして、ライフプランの変更にも対応できるように定期的にサポートすることで、お客さまに安心を提供していくことだと考えています。

ニードセールスによる満足の提供 + コンサルティングフォローによる安心の提供 ニードセールスによる満足の提供 + コンサルティングフォローによる安心の提供

FPDの自己研鑽-

「お客さまのために」という視点で常に考え、実践するFPD(ファイナンシャル・プランニング・デザイナー)は、ウェルズオリジナルの研修プログラムを最大限活用することによって、知識やスキルを習得しながら付加価値を高め、様々なお客さまのニーズに的確にお応えします。
また、FPDそれぞれの経験や知識、スキルを共有し、問題解決力を高めるために、相互研鑽により成長していく風士があります。

ウェルズオリジナルプログラム・相互研鑽
お客さまのニーズにお答え お客さまのニーズにお答え

TOP