H29.4プライムフィット
121/198

第10条(社員の権利義務の承継) 社員は、当会社の同意を得て、他人にその権利義務を承継させることができる。 第11条(退社した社員の権利) 退社した社員は、保険約款に定めたもののほか、当会社に対して何らの権利をもたない。 第4章 総代会 第12条(総代会の設置) 当会社は、社員総会に代わるべき機関として総代会を置く。 第13条(総代会の構成) 総代会は、社員の中から選出された総代をもって構成する。 第14条(総代の定数) 総代の定数は180名とする。 第15条(総代の任期) 総代の任期は4年とし、重任を妨げない。ただし、重任の場合は2期を超えることができない。 ② 総代は、選出が行われた年の翌年の4月1日をもって就任する。ただし、第22条第3項または第24条第2項の規定により選出された総代については別途定める。 第16条(総代の欠格事由) 次に該当する場合は総代になることができない。 一 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでまたは執行を受けることがなくなるまでの者 二 成年被後見人、被保佐人、被補助人または未成年者 三 破産者で復権を得ない者 第17条(総代の議決権) 総代会における総代の議決権は各々1個とする。 ② 前項の議決権は他の総代に委任して行使することができる。 第18条(総代会の議長) 総代会の議長は執行役社長とし、執行役社長に事故があるときは、取締役会においてあらかじめ定めた順序に従って他の執行役がこれに代わる。 第19条(総代会の決議方法) 総代会の決議は、法令または本定款に別段の定めがある場合のほか、総代の半数以上が出席し、出席した総代の議決権の過半数により行う。 第20条(定時総代会の開催) 定時総代会は、毎事業年度の最終日の翌日から4か月以内に開く。 第5章 総代の選出 第21条(総代の選出) 総代は、社員の選挙により選出する。 ② 前項の規定にかかわらず、第25条に定める総代候補者選考委員会が選考のうえ、推薦に関する公告を行った各総代候補者について、社員が行う投票(以下「信任投票」という。)により、総代を選出することができる。 ③ 総代の選出は、2年毎に総代の定数の半数について行い、その時期は第23条第2項に定める基準日から4か月以内とする。ただし、第22条第3項または第24条第2項の規定により、改めて総代を選出する場合は別途その時期を定める。 113定款

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です