H29.4プライムフィット
123/198

第30条(審議員会細則) 審議員会に関する細則は別に定める。 ② 前項の細則の変更は総代会において行う。 第7章 取締役および取締役会 第31条(取締役の員数) 当会社の取締役は15名以内とする。 ② 取締役のうち、社外取締役を2名以上置くものとする。 第32条(取締役の選任) 取締役は、総代会において選任する。 第33条(取締役の任期) 取締役の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時総代会終結の時までとする。 第34条(取締役の補欠選任) 取締役に欠員を生じても、法定の員数を欠かないときは、補欠選任を行わないことができる。 第35条(取締役会の設置) 当会社は、取締役会を置く。 第36条(取締役会) 取締役会は取締役をもって構成する。 ② 取締役会に関する事項は、法令または本定款に定めるもののほか、取締役会において定める取締役会規程による。 第37条(取締役会の招集) 取締役会の招集通知は、各取締役に対し会日から3日前までに発する。ただし緊急の必要がある場合はこれを短縮することができる。 第38条(取締役会の決議方法) 取締役会の決議は、議決に加わることのできる取締役の過半数が出席し、その出席取締役の過半数をもって行う。 ② 当会社は、保険業法第53条の16の規定において準用する会社法第370条の要件を充たしたときは、取締役会の決議があったものとみなす。 第39条(役付取締役) 取締役会は、その決議によって取締役の中から会長および副会長各1名を定めることができる。 第40条(取締役の報酬等) 取締役の報酬、賞与その他の職務執行の対価として当会社から受ける財産上の利益(以下、「報酬等」という。)は、報酬委員会において定める。 第41条(取締役の責任免除) 当会社は、保険業法第53条の36の規定において準用する会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる。 ② 当会社は、保険業法第53条の36の規定において準用する会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役等を除く。)との間で、任務を怠ったことによる損害賠償責任を保険業法第53条の36の規定において準用する会社法第425条第1項第1号に掲げる額に限定する契約を締結することができる。 115定款

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です