H29.4プライムフィット
157/198

149約款の抜粋 第5条(顔面損傷給付金の支払い) ① 次表に定めるところにより、顔面損傷給付金を被保険者に支払います。 1.支払理由 被保険者がこの特約の責任開始期[1]以後に発生した不慮の事故による傷害を直接の原因として顔面部、頭部または頸部けいぶ(別表2)に損傷を受け、その事故の日から起算して180日以内で、かつ、この特約の保険期間中に、顔面損傷状態(別表3)になったときに支払います。 2.支払額 次に定める金額を支払います。 運動器損傷給付金額×10 3.給付限度 同一の不慮の事故による傷害を直接の原因とする顔面損傷給付金の支払いは、1回を限度とします。 ② 被保険者がこの特約の責任開始期[1]前にすでに顔面部、頭部または頸部けいぶ(別表2)に損傷を受けていたときは、その損傷を含めることにより顔面損傷状態(別表3)に該当しても、前項を適用しません。 ③ 第1項にかかわらず、保険契約者ならびに主契約の満期保険金受取人(満期保険金の一部の受取人を含めます。)および死亡保険金受取人(死亡保険金の一部の受取人を含めます。)が同一法人の場合には、顔面損傷給付金をその法人に支払います。 第5条補則 [1]この特約が復活または復旧された場合には、最後の復活または復旧の際の責任開始期とし、復旧または運動器損傷給付金額の増額の際の運動器損傷給付金額の増額部分については、その際の責任開始期とします。 補 則 欄

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です