H29.4プライムフィット
34/198

保険用語目的別もくじ確認事項特徴としくみ保障の見直しお知らせその他諸制度Ⅱ. 特徴としくみ特定重度生活習慣病保障特約39つの重度生活習慣病を保障します。ここがポイント受取人お支払理由お支払金額お支払いする保険金被保険者特定重度生活習慣病保険金額特定重度生活習慣病保険金保険期間中に生まれて初めて所定のがん(悪性新生物)になったと医師によって診断確定されたとき(※1)責任開始期以後の疾病を原因として保険期間中に発病した所定の急性心筋梗塞(※2)により、次のいずれかに該当されたとき①急性心筋梗塞の治療を直接の目的とする手術(※3)を受けられたとき②初診日(※4)から起算して60日以上、労働の制限を必要とする状態(※5)が継続したと医師によって診断されたとき責任開始期以後の疾病を原因として保険期間中に発病した所定の脳卒中(※6)により、次のいずれかに該当されたとき①脳卒中の治療を直接の目的とする手術(※3)を受けられたとき②初診日(※4)から起算して60日以上、言語障害・運動失調・まひ等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき責任開始期以後の疾病を原因として保険期間中に、次のいずれかに該当されたとき①所定の大動脈瘤または大動脈解離の治療を直接の目的とする手術(※3)を受けられたとき②所定の下肢の急性動脈閉塞症または下肢の慢性動脈閉塞症(※7)により、次のいずれかに該当されたときa.下肢の急性動脈閉塞症または下肢の慢性動脈閉塞症の治療を直接の目的とする血行再建手術(※8)を受けられたときb.所定の状態(※9)に該当し、前aに定める手術の適用が困難(※10)であると医師によって診断されたときc.下肢に生じた潰瘍または壊死の治療を直接の目的として手術を受けられたときかいようえ し初診日(※4)が責任開始期以後である疾病を原因として、所定の高血圧症と医師により診断され、それを原因として、保険期間中に、高血圧症が一定の病状に至ったと認められる約款所定の状態に該当されたとき(※11)初診日(※4)が責任開始期以後である疾病を原因として、所定の糖尿病と医師により診断され、それを原因として、保険期間中に、糖尿病が一定の病状に至ったと認められる約款所定の状態に該当されたとき(※11)初診日(※4)が責任開始期以後である疾病を原因として、責任開始期前も含めて初めて所定の慢性腎不全と医師により診断され、それにより保険期間中に、次のいずれかに該当されたとき(※11)①永続的に行う人工透析療法を開始したとき②腎移植術を受けられたとき(※12)初診日(※4)が責任開始期以後である疾病を原因として、責任開始期前も含めて初めて所定の肝硬変になったと医師により診断されたとき(※11)初診日(※4)が責任開始期以後である疾病を原因として、責任開始期前も含めて初めて所定の慢性すい炎になったと医師により診断されたとき(※11)参照◇所定のがん(悪性新生物)・所定の急性心筋梗塞・所定の脳卒中・所定の大動脈瘤または大動脈解離・所定の下肢の急性動脈閉塞症または下肢の慢性動脈閉塞症については特約別表1(P135)をご覧ください。◇特約によって、お支払いの対象となるがんの範囲などが異なります。詳しくは「■がん保障の留意事項」(P43)をご覧ください。◇所定の高血圧症・所定の糖尿病・所定の慢性腎不全・所定の肝硬変・所定の慢性すい炎については、特約第4条(P131)をご覧ください。重度の高血圧症がん(悪性新生物)急性心筋梗塞脳卒中重度の糖尿病慢性腎不全重度の動脈疾患慢性すい炎肝硬変26

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です