H29.4プライムフィット
44/198

保険用語目的別もくじ確認事項特徴としくみ保障の見直しお知らせその他諸制度Ⅱ. 特徴としくみ(※1)歯科診療報酬点数表によって手術料・放射線治療料の算定される治療行為のうち、医科診療報酬点数表においても手術料・放射線治療料の算定される治療行為を含みます。(※2)末梢血幹細胞移植、臍帯血幹細胞移植を含みます。  (※3)提供者と受容者が同一人となる自家移植の場合を除きます。(※4)同一の日に2つ以上の手術を受けられた場合は、最も給付倍率が高いいずれか1つの手術のみ、手術給付金をお支払いします。(※5)放射線治療給付金は60日に1回が限度となります。受取人お支払限度お支払理由「傷害」または「疾病」により、次の(1)~(3)のいずれかの手術を受けられたとき(1)公的医療保険制度に基づく医科診療報酬点数表により手術料の算定される手術(※1)。ただし、次に該当する手術を除きます。「傷害」または「疾病」により、公的医療保険制度に基づく医科診療報酬点数表により放射線治療料の算定される(※1)放射線治療を受けられたとき(2)公的医療保険制度に基づく医科診療報酬点数表により輸血料の算定される骨髄移植術(※2)(3)骨髄幹細胞を移植することを目的として、責任開始日から起算して1年経過後に受けられた骨髄幹細胞の採取手術(※3)ア.創傷処理    イ.皮膚切開術ウ.デブリードマン エ.抜歯手術オ.骨、軟骨または関節の非観血的または徒手的な整復術、整復固定術および授動術お支払いする給付金手術給付金放射線治療給付金被保険者なし入院給付日額×下表に定める手術給付倍率お支払金額入院給付日額の10倍手術給付等について     参照医科診療報酬点数表については、特約第7条補則[6](P155)および第8条補則[2](P156)をご覧ください。手術名内容創傷処理切創、刺傷、熱傷などに対し、壊死・汚染組織の洗浄や切除、出血部位の血管などを縛って、離断した皮膚の縫合を行う治療です。皮膚切開術皮膚や皮下に溜まった膿瘍(うみ)を体外に排出するために皮膚を切開する治療です。デブリードマン感染、壊死組織を除去し、創傷を清浄化することで他の組織への影響を防ぐ治療です。抜歯手術歯を抜く手術(歯槽骨と結合している歯を摘出すること)です。骨、軟骨または関節の非観血的または徒手的な整復術、整復固定術および授動術切開等を行わずに、骨折によるズレや脱臼を正常な状態に治したり、動きが悪くなった関節に力を加えて動かせるようにする治療です。● お支払いの対象外となる手術(※1)・「開頭術」とは、頭蓋を開き、脳を露出させる手術をいい、穿頭器等により頭蓋を穿孔する手術を含みます。・「開胸術」とは、胸腔を開く手術であって、膿胸手術、胸膜、肺臓、心臓、横隔膜、縦隔洞、食道手術等胸腔内に操作を加える際に行うものをいい、胸腔鏡下に行われる手術を含みます。・「開腹術」とは、腹壁を切開し、腹腔を開く手術であって、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓および胆道、膵臓、脾臓、卵巣および子宮手術等腹腔内に操作を加える際に行うものをいい、腹腔鏡下に行われる手術を含みます。この特約の「がん」は悪性新生物と上皮内新生物をあわせたものをいいます。開頭術、開胸術、開腹術(※1)上記以外の入院中に受けた手術入院外で受けた手術(外来手術)20倍5倍10倍所定のがん(※2)の治療を目的とした入院中に受けた手術40倍20倍● 手術給付倍率左記以外(※5)(※4)のうよう(※2)36

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です