H29.4プライムフィット
57/198

保険用語目的別もくじ確認事項特徴としくみ保障の見直しお知らせその他諸制度【リビング・ニーズ特約】受取人特約基準保険金額(ご請求額)から、対応する6か月分の利息および保険料相当額を差し引いた金額特約基準保険金額(ご請求額)から、対応する3年分の利息および保険料相当額を差し引いた金額お支払理由お支払金額特約種類お支払いする保険金被保険者リビング・ニーズ特約がん長期サポート特約リビング・ニーズ保険金がん長期サポート保険金余命6か月以内と判断されるとき(※1)がん(悪性新生物)になり、治癒も病状の好転も見込めない所定の状態(※2)に該当すると医師によって診断されたとき(※1)余命6か月以内の判断は、医師に記入いただいた診断書や請求書類に基づき、被保険者の請求時点の状態を元に当社が行います。「余命6か月以内」とは、日本で一般に認められた医療による治療を行っても余命が6か月以内であることを意味します。(※2)がん(悪性新生物)の治癒または病状の好転を目的とした治療(公的医療保険の対象となる療養)に関し、次のいずれかに該当すると医師によって診断されていること。イ. 一連の治療を受けたが、効果がなかったロ. 治療に伴う身体的負担に被保険者が耐えられないために、一連の治療を受けられず、かつ、以後受けられるようになる見込みもないハ. 医学的に有効と認められる治療がない(がん(悪性新生物)の増殖速度が遅い等の事情により、当面治療の必要性が小さい場合を除く)・「一連の治療を受けた」とは、医師がそのがん(悪性新生物)に対して医学的に有効と認めたひと通りの治療をすべて受けたことをいいます。・「効果がなかった」とは、一連の治療による腫瘍縮小効果が認められなかったことをいいます(腫瘍縮小効果以外の、他の評価方法でも効果が無かったと判断できる場合は、その評価方法を認めることがあります)。●リビング・ニーズ保険金またはがん長期サポート保険金をお支払いする際には、特約基準保険金額(ご請求額)から所定の金額を控除します。万一、請求日から早期に亡くなられた場合には、請求されなかった場合(死亡保険金としてお受け取りいただいた場合)と比べてお支払金額が少なくなります。お支払金額について詳しくは51ページをご覧ください。●リビング・ニーズ保険金またはがん長期サポート保険金をお受け取りいただく際には非課税ですが、被保険者が亡くなられた時点で既に受け取った保険金の残額がある場合には、被保険者の相続財産となり、相続税の課税対象になります(平成29年4月現在の税制に基づく記載であり、将来変更となることもあります)。●リビング・ニーズ保険金が支払われる前に、死亡保険金または高度障害保険金の支払請求を受け、その保険金が支払われるときは、リビング・ニーズ保険金はお支払いできません。【がん長期サポート特約】●がん長期サポート保険金が支払われる前に、死亡保険金、高度障害保険金またはリビング・ニーズ保険金の支払請求を受け、その保険金が支払われるときは、がん長期サポート保険金はお支払いできません。!留意点・ ご請求日から、以下の期間に定期保険特約等の更新日がある場合は、更新後の期間相当分について、請求時の保険料率に基づいて計算した更新時の被保険者の年齢の保険料を用います。・ リビング・ニーズ特約のとき……6か月以内・ がん長期サポート特約のとき…3年以内参照◇がん長期サポート保険金のお支払理由について詳しくは52ページ「お支払いできない例、お支払いできる例」をご覧ください。◇がん長期サポート保険金のお支払いの対象となるがん(悪性新生物)については、特約別表(P163)をご覧ください。49

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です