H29.4Wステージ
100/216

保険用語目的別もくじ確認事項特徴としくみ保障の見直しお知らせその他諸制度Ⅳ. その他諸制度故意または重大な過失によって、事実を告知されなかったり、事実と違うことを告知された場合、責任開始日(復活の場合は復活日)から2年以内であれば、当社は「告知義務違反」としてご契約または特約を解除(※)することがあります。告知義務違反について●責任開始日(復活の場合は復活日)から2年を経過していても、保険金支払理由等が2年以内に発生していた場合には、責任開始日(復活の場合は復活日)から5年を経過するまでは、ご契約または特約を解除することがあります。 ご契約または特約を解除した場合には、たとえ保険金や給付金などをお支払いする理由が発生していても、これをお支払いできないことがあります。また、保険料のお払込みを免除する理由が発生していても、お払込みを免除できないことがあります。 この場合には、解約の際にお支払いする解約返戻金があればご契約者にお支払いします。特にご留意ください!!※なお、上記に記載の告知義務違反によりご契約または特約を解除させていただく場合以外にも、ご契約または特約の締結状況等により、保険金・給付金などをお支払いできないことがあります。※現在のご契約を解約・減額することを前提に、本商品(新たなご契約)のお申込みおよび転換制度ご利用によるお申込みを検討されている場合・本商品(新たなご契約または転換契約)には告知義務があります。したがって、その告知が正しくされなかった場合には「本商品(新たなご契約)の責任開始日」(「転換契約」の場合は「転換契約の責任開始日」)を起算日として、告知義務違反によりご契約を解除することがあります。・また、本商品(新たなご契約または転換契約)の締結に際しての詐欺行為を理由として、ご契約を取消しとすることがあります。・よって、告知が必要な傷病歴等がある場合は、本商品(新たなご契約または転換契約)の引受けができなかったり、その告知をされなかったために上記のとおり解除または取消しとなることもありますので、ご注意ください。例えば、「現在の医療水準では治癒が困難または死亡する危険性が極めて高い疾患の既往症・現症等について故意に告知をされなかった場合」等、告知義務違反の内容が特に重大な場合、詐欺による取消しを理由として、保険金・給付金などをお支払いできないことがあります。この場合・告知義務違反による解除の対象外となるときにも取消しとなることがあります。・すでにお払い込みいただいた保険料はお返しいたしません。(※)告知にあたり、保険媒介者(当社の担当者・募集代理店の担当者など)が、告知をすることを妨げた場合、または告知をしないことや事実でないことを告げることを勧めた場合には、当社はご契約または特約を解除することはできません。ただし、保険媒介者のこうした行為がなかったとしても、ご契約者または被保険者が、当社が告知を求めた事項について、事実を告げなかったかまたは事実でないことを告げたと認められる場合には、当社はご契約等を解除することができます。92

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です