H29.4Wステージ
118/216

保険用語目的別もくじ確認事項特徴としくみ保障の見直しお知らせその他諸制度Ⅴ. 生命保険に関するお知らせ生命保険募集人の役割1ご契約に際して2当社の担当者(生命保険募集人)は、保険契約締結の「媒介」を行う者で、保険契約締結の「代理権」はありません。保険契約締結の「媒介」と「代理」について生命保険募集人が行う保険募集には保険契約締結の「媒介」と「代理」があります。・媒介……保険契約のお申込みに対して保険会社が承諾したときに保険契約は有効に成立します(生命保険募集人が保険契約のお申込みを受けただけでは保険契約は成立しません)。・代理……生命保険募集人が保険契約のお申込みに対して承諾をすれば保険契約は有効に成立します。●当社の担当者(生命保険募集人)は、お客さまと当社の保険契約の締結を媒介する者で、保険契約の締結に関する代理権はありません。したがって、保険契約は、お客さまからのお申込みに対して当社が承諾したときに有効に成立します。また、ご契約の成立後にご契約内容の変更等をされる場合にも、当社の承諾が必要になることがあります。<当社の承諾が必要なご契約内容変更等の手続きの例>・保険契約の復活 ・特約の中途付加  など それぞれの手続きの内容について、詳しくは「ご契約のしおり」の該当の項目をご覧ください。●●ご契約者、被保険者、保険金受取人の関係や保険金額などによっては、ご契約をお引き受けできないことがありますので、あらかじめご了承ください。●本冊子に記載しております「所定の金額」「所定の利率」「所定の条件」等の具体的な金額・水準・取扱条件等につきましては、当社の担当者にお問い合わせください。Ⅴ.生命保険に関するお知らせ●当社では、犯罪収益移転防止法に基づいて、所定の手続きの際に本人特定事項等を確認させていただく場合があります。また、マネー・ローンダリングのリスクの高い取引(なりすましや偽りの疑いがある取引や外国政府等において重要な公的地位にある方等との取引等)の場合、本人特定事項等を通常の取引よりも厳格な方法で確認し、ならびに、資産および収入の状況(200万円を超える財産の移転を伴う取引のみ)を確認させていただく場合があります。これは、お客さまの取引に関する記録の保存を行うことで、金融機関等がテロリズムに対する資金供与に利用されたり、マネー・ローンダリングに利用されたりすることを防ぐことを目的としたものです。●なお、確認させていただいた本人特定事項等に変更があった際は、当社までご連絡くださいますようお願いします。犯罪収益移転防止法に基づく取引時確認について<確認事項>・ 本人特定事項(ご契約者の氏名、住所、生年月日等)・取引を行う目的・職業または事業の内容・ 法人の実質的支配者(法人の議決権総数の4分の1超の議決権を有している者等)【法人契約の場合】・ 国名と職種【外国政府等において重要な公的地位にある方等の場合】110

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です