H29.4Wステージ
148/216

(2) 「器質的な病変あるいは損傷」、「器質的障害」 「器質的な病変あるいは損傷」、「器質的障害」とは、各種の病因または傷害によって引き起こされた組織学的に認められる病変あるいは損傷、障害のことをいいます。 3.意識障害 「意識障害」とは、次のようなものをいいます。 通常、対象を認知し、周囲に注意を払い、外からの刺激を的確にうけとって反応することのできる状態を意識がはっきりしているといいますが、この意識が障害された状態を意識障害といいます。 意識障害は、通常大きくわけて意識混濁と意識変容とにわけられます。 意識混濁とは意識が曇っている状態で、その障害の程度により、軽度の場合、傾眠(うとうとしているが、刺激により覚醒かくせいする状態)、中度の場合、昏眠こんみん(覚醒かくせいさせることはできないが、かなり強い刺激には、一時的に反応する状態)、高度の場合、昏睡こんすい(精神活動は停止し、全ての刺激に反応性を失った状態)にわけられます。 意識変容は、特殊な意識障害であり、これにはアメンチア(意識混濁は軽いが、応答は支離滅裂で、自分でも困惑した状態)、せん妄(比較的高度の意識混濁-意識の程度は動揺しやすい-に加えて、錯覚・幻覚を伴い不安、不穏、興奮などを示す状態)およびもうろう状態(意識混濁の程度は軽いが、意識の範囲が狭まり、外界を全般的に把握することができない状態)などがあります。 4.見当識障害 「見当識障害」とは、次のいずれかに該当する場合をいいます。 a.時間の見当識障害:季節または朝・真昼・夜のいずれかの認識ができない。 b.場所の見当識障害:今住んでいる自分の家または今いる場所の認識ができない。 c.人物の見当識障害:日頃ひごろ接している周囲の人の認識ができない。 140約款の抜粋

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です