H29.4Wステージ
209/216

20特定重度生活習慣病保険金は、がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中、重度の動脈疾患、重度の高血圧症、重度の糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性すい炎と医師に診断され、約款に定める状態に該当する場合に支払われます。以下では、がん(悪性新生物)について説明します。特定重度生活習慣病保険金のお支払い【給付対象となる疾病】9事 例解 説お支払いする場合お支払いする場合お支払いできない場合お支払いできない場合「膀胱がん」と診断され、病理組織診断の結果、“上皮内新生物以外のがん”と診断確定された場合上皮内新生物以外のがん病理組織診断結果上皮内新生物以外のがん(悪性新生物)ですので、お支払いします。「膀胱がん」と診断され、病理組織診断の結果、“上皮内新生物”と診断確定された場合上皮内新生物は約款で支払対象から除外されているため、お支払いできません。がん(悪性新生物)ではあるものの、悪性黒色腫以外の皮膚がんと診断確定された場合悪性黒色腫以外の皮膚がんは約款で支払対象から除外されているため、お支払いできません。上皮内新生物病理組織診断結果悪性黒色腫以外の皮膚がん病理組織診断結果ご注意お支払対象となるがんの範囲がん診断保険金すべてのがん(上皮内新生物、皮膚がんを含む)上皮内新生物、皮膚がん(悪性黒色腫を除く)以外のがん(悪性新生物)特定重度生活習慣病保険金がん(悪性新生物)と医師により診断確定され、約款所定の要件に該当した場合には、特定重度生活習慣病保険金をお支払いします。なお、次のがんはお支払いできません。・上皮内新生物および皮膚がん(ただし、皮膚の悪性黒色腫は除きます。)・生まれて初めて診断確定されたがん(悪性新生物)でないもの・責任開始日から、90日以内に診断確定されたもの請求手続き具体的な事例もれなくご請求いただくために

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です