H29.4Wステージ
23/216

保険用語目的別もくじ確認事項特徴としくみ保障の見直しお知らせその他諸制度(※)経過期間とは、契約日から起算して死亡された日までの期間をいいます(端数期間は切り上げ月単位とします)。第2保険期間第1保険期間月払い・年1回払い・年2回払いの部分転換契約のうち転換価格に対応する部分基本保険金額転換価格による基本保険金額<死亡保険金額は以下のとおりとなります>基本保険金額×経過期間(※)第1保険期間転換価格 + { (転換価格による基本保険金額) - (転換価格) } ×経過期間(※)第1保険期間第1保険期間(30年)▲ご契約▲指定日基本保険金額300万円10年3か月後103.34万円死亡保険金額[第1保険期間の死亡保険金額の計算例]●10年3か月後の死亡保険金額は次のとおりです。(経過期間)124か月(端数期間は切り上げ月単位とします。)(第1保険期間)360か月(死亡保険金額)300万円×(124/360)=103.34 万円基本保険金額…300 万円第1保険期間…30 年●生命保険ではお払い込みいただく保険料が預貯金のようにそのまま積み立てられているのではなく、その一部は毎年の死亡保険金等のお支払いに、また他の一部は生命保険事業の運営に必要な経費などにあてられます。ご契約によっては保険料払込期間の途中で保険料払込累計額が死亡保険金額等を上回る場合があります。そのため、保険契約者と保険金受取人がともに法人の場合は資産計上額が死亡保険金額等を上回り、死亡保険金等の受け取り時に雑支出が発生する場合があります。!留意点15

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です