H29.4Wステージ
62/216

保険用語目的別もくじ確認事項特徴としくみ保障の見直しお知らせその他諸制度Ⅱ. 特徴としくみ一連の治療● がん長期サポート保険金をお支払いできる例がん(悪性新生物)で、一連の治療を受けたが効果がなかったと診断され、医師が医学的に有効と認めた治療が残されていない場合がん(悪性新生物)で、治療に伴う身体的負担に被保険者が耐えられないため治療を受けることができない、と医師が診断した場合(以後治療を受けられるようになる見込みもない)【一連の治療を終えていない例】がん(悪性新生物)で薬物治療の効果はなかったが、治癒または好転の可能性がある“他の治療(別の薬物治療等)が残されている”場合上記のとおり、がん長期サポート保険金をお支払いできない場合がありますので、ご請求にあたっては、医師に「治療の効果」や「治癒または好転の可能性がある他の治療が残されていないか」をご確認ください。がん長期サポート保険金のお支払いは、お支払理由に該当していることを、医師によって証明いただいた専用の診断書に基づいて行います。治療とは公的医療保険の対象となる療養をいいます。請求時に、以後公的医療保険対象外の治療(先進医療等)を受ける予定があっても、「公的医療保険の対象となる治療の範囲で一連の治療を受けたが、効果がなかった」と診断されればお支払対象になります。ただし、その場合でも請求前に公的医療保険対象外の治療を受け、請求時にがん(悪性新生物)の残存が確認されない等の場合はお支払いできませんのでご注意ください。【お支払対象のがん(悪性新生物)ではない例】がんの疑いがあるといわれ、病理組織診断の結果“上皮内新生物”と診断確定された場合手術放射線治療薬物治療 等上皮内新生物治療の効果なし病理組織診断結果● がん長期サポート保険金をお支払いできない例手   術摘出(残存なし)【治療の効果がある例①】がん(悪性新生物)を手術で摘出でき、現時点で残存が確認されていない場合お支払いできません寛解している【治療の効果がある例③…白血病の場合】白血病で薬物治療を受け、“寛解※している”場合薬物治療別の薬物治療この段階ではお支払いできません治療を受けることができない(以後治療を受けられるようになる見込みなし)治癒または好転の可能性がある他の治療が“残されている”薬物治療お支払いできませんお支払いできませんお支払いできません縮小している【治療の効果がある例②】がん(悪性新生物)で薬物治療を受け、“縮小効果が認められる”場合薬物治療※寛解とは、骨髄の白血病細胞が一定水準以下に減少し、白血病による自覚症状や他覚症状がなくなった状態です。かんかいかんかいお支払いしますかんかい・・・治療の効果なしお支払いします治癒または好転の可能性がある他の治療が“残されていない”治療に伴う身体的負担に耐えられない54

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です