1. ホーム
  2. 住友生命について
  3. サステナビリティ
  4. GRIスタンダード内容索引

GRIスタンダード内容索引

サステナビリティレポートは、GRI(Global Reporting Initiative)スタンダードの中核(Core)オプションに準拠して制作されました。

GRI102:一般開示事項2016

1. 組織のプロフィール

開示事項 掲載場所 備考
GRI 102:
一般開示
事項
2016
102-1 組織の名称 会社概要  
102-2 活動、ブランド、製品、サービス ブランドビジョン  
商品一覧  
ご契約者さま  
法人のご契約者さま向けサービス  
子会社等  
102-3 本社の所在地 会社概要  
102-4 事業所の所在地 子会社等  
海外事業への取組み  
102-5 所有形態および法人格 会社概要  
相互会社の運営について  
102-6 参入市場 会社概要  
ご来店窓口のご案内  
子会社等  
ビジネスパートナーとの共生  
102-7 組織の規模 会社概要  
組織の概況  
業績案内  
102-8 従業員およびその他の労働者に
関する情報
組織の概況  
102-9 サプライチェーン スミセイライフデザイナー(営業職員)  
金融機関等代理店・保険ショップ  
ご契約者さま  
法人のご契約者さま向けサービス  
ビジネスパートナーとの共生  
102-10 組織およびそのサプライチェーンに
関する重大な変化
- 該当せず
102-11 予防原則または予防アプローチ コーポレートガバナンス  
コンプライアンス  
リスク管理  
102-12 外部イニシアティブ お客さま本位の業務運営方針  
日本版スチュワードシップ・コードへの対応について  
「グローバル・コンパクト」への参加  
国連PRIへの賛同  
コーポレートガバナンス・コードへの対応について  
102-13 団体の会員資格 「グローバル・コンパクト」への参加  

2. 戦略

開示事項 掲載場所 備考
GRI 102:
一般開示
事項
2016
102-14 上級意思決定者の声明 ご挨拶  
102-15 重要なインパクト、リスク、機会 トップメッセージ  
企業理念とサステナビリティ  
CSR重要項目  
リスク管理  
業績案内  

3. 倫理と誠実性

開示事項 掲載場所 備考
GRI 102:
一般開示
事項
2016
102-16 価値観、理念、行動基準・規範 企業理念とサステナビリティ  
資産運用  
スミセイ環境方針  
コーポレートガバナンス  
コンプライアンス  
リスク管理  
スミセイの勧誘方針  
102-17 倫理に関する助言および
懸念のための制度
コンプライアンス  
人権の尊重  

4. ガバナンス

開示事項 掲載場所 備考
GRI 102:
一般開示
事項
2016
102-18 ガバナンス構造 コーポレートガバナンス  
102-21 経済、環境、社会項目に関する
ステークホルダーとの協議
相互会社の運営について  
コーポレートガバナンス  
102-22 最高ガバナンス機関および
その委員会の構成
コーポレートガバナンス  
役員一覧  
102-23 最高ガバナンス機関の議長 役員一覧  
102-24 最高ガバナンス機関の指名と選出 コーポレートガバナンス  
102-25 利益相反 コーポレートガバナンス  
102-26 目的、価値観、戦略の設定における
最高ガバナンス機関の役割
企業理念とサステナビリティ  
コーポレートガバナンス  
102-28 最高ガバナンス機関のパフォーマンスの評価 コーポレートガバナンス  
102-29 経済、環境、社会へのインパクトの
特定とマネジメント
CSR重要項目  
推進体制  
コーポレートガバナンス  
コンプライアンス  
リスク管理  
102-30 リスクマネジメント・プロセスの有効性 コーポレートガバナンス  
コンプライアンス  
リスク管理  
102-31 経済、環境、社会項目のレビュー 推進体制  
コーポレートガバナンス  
コンプライアンス  
リスク管理  
102-33 重大な懸念事項の伝達 コーポレートガバナンス  
コンプライアンス  
リスク管理  
102-35 報酬方針 コーポレートガバナンス  
102-36 報酬の決定プロセス コーポレートガバナンス  
102-37 報酬に関するステークホルダーの関与 コーポレートガバナンス  

5. ステークホルダー・エンゲージメント

開示事項 掲載場所 備考
GRI 102:
一般開示
事項
2016
102-40 ステークホルダー・グループのリスト CSR経営方針  
102-41 団体交渉協定 - 開示なし 
102-42 ステークホルダーの特定および選定 企業理念とサステナビリティ  
102-43 ステークホルダー・エンゲージメント
へのアプローチ方法
CSR経営方針  
ステークホルダーとの信頼関係の構築  
102-44 提起された重要な項目および懸念 CSR重要項目  
コーポレートガバナンス  
CSR重要項目の選定プロセス  

6. 報告実務

開示事項 掲載場所 備考
GRI 102:
一般開示
事項
2016
102-45 連結財務諸表の対象になっている事業体 子会社等  
102-46 報告書の内容および
項目の該当範囲の確定
CSR重要項目の選定プロセス  
102-47 マテリアルな項目のリスト CSR重要項目の選定プロセス  
102-48 情報の再記述 - 該当せず
102-49 報告における変更 - 該当せず
102-50 報告期間 サステナビリティレポート  
102-51 前回発行した報告書の日付 サステナビリティレポート  
102-52 報告サイクル サステナビリティレポート  
102-53 報告書に関する質問の窓口 サステナビリティレポート  
102-54 GRIスタンダードに準拠した
報告であることの主張
GRIガイドライン内容索引  
102-55 GRI内容索引 GRIガイドライン内容索引  
102-56 外部保証 第三者意見  

GRI103:マネジメント手法2016、項目別のGRIスタンダード

保険事業を通じた健康寿命の延伸

開示事項 掲載場所 備考
GRI 103:
マネジメント
手法
2016
103-1 マテリアルな項目とその該当範囲の
説明
保険事業を通じた健康寿命の延伸  
103-2 マネジメント手法とその要素 保険事業を通じた健康寿命の延伸  
GRI 416:
顧客の
安全衛生
2016
416-1 製品およびサービスのカテゴリーに
対する安全衛生インパクトの評価
保険事業を通じた健康寿命の延伸  
416-2 製品およびサービスの
安全衛生インパクトに関する違反事例
- 該当せず 

保険事業を通じた安心の提供

開示事項 掲載場所 備考
GRI 103:
マネジメント
手法
2016
103-1 マテリアルな項目とその該当範囲の
説明
保険事業を通じた安心の提供  
103-2 マネジメント手法とその要素 保険事業を通じた安心の提供  

持続的・安定的な成長の実現

開示事項 掲載場所 備考
GRI 103:
マネジメント
手法
2016
103-1 マテリアルな項目とその該当範囲の
説明
持続的・安定的な成長の実現  
103-2 マネジメント手法とその要素 持続的・安定的な成長の実現  
GRI 201:
経済
パフォーマンス
2016
201-1 創出、分配した直接的経済価値 業績案内  
資産運用  

ステークホルダーとの信頼関係の構築

開示事項 掲載場所 備考
GRI 103:
マネジメント
手法
2016
103-1 マテリアルな項目とその該当範囲の
説明
ステークホルダーとの信頼関係の構築  
103-2 マネジメント手法とその要素 ステークホルダーとの信頼関係の構築  
GRI 301:
原材料
2016
301-1 使用原材料の重量または体積 省エネ・省資源への取組み  
GRI 302:
エネルギー
2016
302-1 組織内のエネルギー消費量 省エネ・省資源への取組み  
302-3 エネルギー原単位 省エネ・省資源への取組み  
302-4 エネルギー消費量の削減 省エネ・省資源への取組み  
302-5 製品およびサービスの
エネルギー必要量の削減
省エネ・省資源への取組み  
GRI 303:

2016
303-1 水源別の取水量 省エネ・省資源への取組み  
GRI 401:
雇用
2016
401-1 従業員の新規雇用と離職 組織の概況  
401-3 育児休暇 ワーク・ライフ・バランス  
GRI 404:
研修と教育
2016
404-1 従業員一人あたりの年間平均研修時間 教育・研修制度  
404-2 従業員スキル向上プログラム
および移行支援プログラム
キャリア形成サポート  
404-3 業績とキャリア開発に関して定期的な
レビューを受けている従業員の割合
キャリア形成サポート  
GRI 405:
ダイバーシティと
機会均等
2016
405-1 ガバナンス機関および従業員のダイバーシティ ダイバーシティの推進  
405-2 基本給と報酬総額の男女比 組織の概況  
GRI 413:
地域コミュニティ
2016
413-1 地域コミュニティとのエンゲージメント、
インパクト評価、開発プログラムを実施した事業所
豊かな社会づくり  
413-2 地域コミュニティに著しいマイナスの
インパクト(顕在的、潜在的)を及ぼす事業所
- 該当せず

CSRを支える経営体制

開示事項 掲載場所 備考
GRI 103:
マネジメント
手法
2016
103-1 マテリアルな項目とその該当範囲の
説明
CSRを支える経営体制  
103-2 マネジメント手法とその要素 CSRを支える経営体制  
GRI 412:
人権
アセスメント
2016
412-1 人権レビューやインパクト評価の
対象とした事業所
- 該当せず
412-2 人権方針や手順に関する従業員研修 人権の尊重  

住友生命について