ホーム > 保険をお考えのお客さま > 商品一覧から選ぶ > 商品一覧から選ぶ(特約) > がん薬物治療特約

がん薬物治療特約

スミセイのがんPLUS がん薬物治療特約 スミセイのがんPLUS がん薬物治療特約

がんによる薬物治療の保障をする特約です。

がんにより抗がん剤・疼痛(とうつう)緩和薬の投与・処方を受けたとき、がん薬物治療給付金をお支払いします。
将来誕生する「新薬」もカバーします。

当社商品のご検討にあたっては、ページ下部の「注意必ずお読みください」もあわせてご覧ください。

給付内容

がん薬物治療給付金

お支払理由 がんにより、公的医療保険制度の給付対象となる当社所定の薬物治療(抗がん剤または疼痛(とうつう)緩和薬の投与または処方)を受けたとき
お支払金額
[お支払限度]
給付金額×治療月数[通算120か月]
  • 注意 同じ月に、複数回または複数月分の抗がん剤・疼痛緩和薬の投与・処方を受けたときでも1か月分のお支払いとなります。

疼痛緩和ケアとは?

「緩和ケア」とは、がん治療中の心や体のつらさをやわらげ、患者の生活の質(QOL)を向上させる治療です。
中でも痛みに対する緩和ケア治療を「疼痛緩和ケア」といいます。「疼痛緩和ケア」は、従来はがんが進行した患者に対して行っていました。しかし、現在では治療の初期段階から、がん治療と並行して取り入れられています。

がんの進行 がんの進行

お支払いの対象となる薬物治療(抗がん剤・疼痛緩和薬)について

1.がんにより、医師による公的医療保険制度の給付対象となる当社所定の薬物治療(抗がん剤【表1】・疼痛緩和薬【表2】の投与・処方)を受けたときにお支払いします。

【表1】対象となる抗がん剤

次の条件をすべて満たすもの

  • 効能または効果にがんを含む医薬品であること。
  • がん細胞の消滅・破壊、がん細胞の発育・増殖の抑制を通じて、がんの治癒・再発予防・症状緩和(骨転移による骨破損の抑制を含む)、延命を目的として使用された医薬品であること。

【表2】対象となる疼痛緩和薬

次の条件をすべて満たすもの

  • オピオイド鎮痛薬※であること。
  • がんによる疼痛の緩和を目的として使用された医薬品であること。
  • ※オピオイド鎮痛薬・・・モルヒネに代表される鎮痛効果を有する医療用麻薬など

2.症状緩和(吐き気止め等)などを目的とする抗腫瘍効果のない医薬品や、がん以外に対しても一般的に使用される解熱鎮痛薬等はお支払いできません。

がんPLUS付帯サービス

セカンドオピニオンサービス

各専門分野を代表する医師(総合相談医)との面談等を通じて、現在治療中の病気に関する「セカンドオピニオンの提供」「優秀専門臨床医の紹介(面談によるセカンドオピニオンの場合のみ)」をいたします。
また、各分野の医師が在籍する医療機関での「受診・治療の手配・紹介(受診手配・紹介サービス)」をいたします。

  • 利用対象者:被保険者さま
  • ※本サービスは、業務委託先であるティーペック株式会社が提供するサービスです。
  • ※サービスの詳細につきましては、担当者にお尋ねください。
  • ※本サービスは、2020年4月現在のものであり、将来予告なく変更もしくは中止する場合があります。

注意必ずお読みください

  • お支払対象となる治療・入院・手術は、治療を直接の目的としたものに限ります。
  • 生命保険商品のご検討にあたっては、「設計書(契約概要)」「注意喚起情報」「ご契約のしおり-定款・約款」「申込内容控(兼解約返戻金額表)」を必ずご覧ください。

(登)営情HP-20-0020

保険に関する
ご相談・
お見積りはお気軽に!

コンサルティングデスク

tel 0120-199366

受付時間

月~金曜日:午前9時~午後6時
土曜日:午前9時~午後5時
*日・祝日・12/31~1/3を除く