生命保険とは? 生命保険とは?

暮らしの一助として、万が一を支える生命保険。
では、いまや当たり前となった生命保険は、
どんな存在で、どんな始まりを持つのでしょうか。
ここでは、そんな「生命保険とは?」についてご紹介します。

「もしも」を乗り越える、
相互扶助の精神

病気やケガ、盗難、火事など、人の一生にはたくさんの「もしも」があるものです。保険とは、こうした「もしも」が現実に起こってしまった際にお金で困らないよう、たくさんの人が少しずつお金を出し合い、集まったお金を「もしも」が起こった人にあげることで経済的に助け合うことを指します。
中でも、生死や病気、ケガなどの「人にかかわる保険」を、一般的に生命保険と呼んでいます。
こうした保険の仕組みを支えるものは、何よりも「お互いがお互いを支え合う“相互扶助の精神”」。お客さまが互いに少しずつ保険料を出し合うことで、一人では負担できないほどの総額を集めることができ、その結果「もしも」が起こった人にまとまったお金を渡すことができるのです。いわば、「互いに支え合うことで、小さな負担で大きな安心を手に入れることができる仕組み」が保険だと言えます。

生命保険の起源

生命保険の起源は、中世ヨーロッパの「ギルド」とする説があります。同業の商人たちによる組合「ギルド」では、相互扶助の精神のもと、冠婚葬祭など組合員の経済的マイナスを組合全体で分担しあっていました。さらに、17世紀のイギリスでは教会の牧師たちが組合を作り、自分たちに「もしも」が起こった際、遺族へ生活資金を出すために保険料を負担し合う制度をはじめました。しかしながら、全員が同じ金額の保険料を支払うこの制度では、若い人よりも死亡率の高い高齢者がお金をもらえる可能性が高く不公平でした。そのため、組合はほどなく解散してしまいました。
その後、イギリスのジェームス・ドドソンという数学者によって「公平な保険料分担の方法」が発見され、1762年に世界で初めて近代的な保険制度に基づく生命保険会社が設立されることになります。また、イギリスに遅れること約100年、日本においても福沢諭吉による「西洋旅案内」で初めて生命保険が紹介され、1881年に欧米の近代的保険制度を手本として生命保険会社が設立されるに至ります。


  • ・6/1(金)インターンシップサイト リニューアルOPEN!!!new
    ・総合営業職セミナー受付中!総合営業職マイページへGO!new

閉じる