ワーク・ライフ・バランス ワーク・ライフ・バランス

住友生命は、ブランドビジョン
「あなたの未来を強くする」を実現するためには、
その原動力となる「職員の未来」を
強くすることが重要だと考えています。
職員一人ひとりがやりがいや充実感を
持ちながらいきいきと働く職場づくりに向けて、
様々な取組みを進めています。

ワーク・ライフ・バランス諸制度

住友生命は、職員が働き続けられる環境づくりのため、育児・介護休業法などの定めを上回る、充実した制度を整えています。

出産・育児関連制度主な制度をご紹介します。

  • 健康管理時間

    産前産後の健康診査、保健指導のための時間確保

  • 育児休業

    子どもが3歳まで取得可能(法定は2歳まで)

  • 育児特別休暇

    育児休業の最初の1ヵ月を有給として付与

  • 時間短縮措置

    妊娠中から小学校卒業まで短時間勤務(6時間)、
    または時間外勤務・休日勤務の免除のいずれか選択

  • 育児時間

    1日1時間の育児時間を子どもが3歳まで取得可能、
    上記の時間短縮措置と併用可

  • 看護休暇

    小学生未満の子どもの看護・世話のため、
    年間10日まで休暇取得可能

  • 両立支援休暇

    小学生未満の子どもの養育のため、月3日まで
    休暇取得可能(取得日数は介護による事由と通算)

  • 育児費用補助

    産休・育休の復職月から小学校入学前月まで、
    子ども一人に対し、月1万円を支給

介護関連制度主な制度をご紹介します。

  • 介護休業

    家族の介護のための休業制度
    対象家族一人につき 要介護状態ごとに3回、
    通算1年を限度に取得可能

  • 介護による時間短縮措置

    対象とする家族一人につき短時間勤務(6時間)開始か
    ら3年間取得可能
    また、対象とする家族の介護終了まで時間外勤務・休日勤務の免除可能

  • 介護時間

    対象とする家族一人につき、通算 93日を限度に1日2時間の勤務時間短縮可能

  • 介護休暇

    年間10日まで休暇取得可能

  • 両立支援休暇

    家族の介護のため、月3日まで休暇取得可能
    (取得日数は育児による事由と通算)

利用状況

職員がいきいきと働く職場づくりに積極的に取り組んできたことで、各種制度の利用者は増加傾向にあります。

利用状況グラフ 利用状況グラフ

ライフスタイルに応じた働き方を支援する制度

  • ファミリーサポート転勤制度

    結婚や配偶者の転勤、家族の介護など、家庭の事情により転居の必要が⽣じた場合、希望することで転居先の勤務地に転勤することができる制度
    ※原則勤続1年以上の業務職・⼀般職が対象
    ※本人希望があり、会社が認めた場合に適用されます。

  • ジョブ・カムバック制度

    ⾃⼰都合により⼀旦退職した場合でも、住友⽣命での経験をいかして職員として住友⽣命に復帰することができる制度
    ※勤続3年以上の総合職・業務職・⼀般職が対象となります。
    ※本人希望があり、会社が認めた場合に適用されます。

  • 職種変更制度

    育児・介護などの事情に応じ、全国転勤型から転居を伴う異動のない職種へ変更できる制度を設けています。
    ※原則、東京・大阪エリア

働きやすい環境づくり

職員の意識・職場風土の改革(働き方変革)を通じて、職員一人ひとりが心身共に健やかでいきいきと働く、魅力あふれる職場づくりを推進しています。

時代に即した商品・サービスの提供と職員の働き方の見直し

少子高齢化やお客さまニーズの多様化など時代の変化に柔軟に対応していくために「働き方変革」への取組みを進め、業務削減・効率化を図り、お客さま・マーケット視点の業務により多くの時間を充てることで、時代が求める商品・サービスをお客さまにご提供しています。

2017年度から、日本をもっと健康にすること(健康長寿社会)を目指し、「Japan Vitality Project」を発足。保険にご加入いただくことでお客さまの健康増進をサポートする、従来にない新商品「Vitality」の発売(2018年夏頃)を前に、職員一人ひとりが健康でいきいきと働き、自分の能力を最大限に発揮できるよう、改めて「働き方変革」に向けた取組みを強化しています。

長時間労働の抑制・休暇取得の推進

単なるかけ声にとどめず、具体的な対策を講じています。具体的には、個人用端末を20 時で強制的に操作できなくする「リミット20」運営や、社外Eメール制限などによる持ち帰り仕事の防止、早帰りデーの推進などがあります。また、法定以上の休暇を付与し、休暇の取得推進にも取り組んでいます。

トップダウンの働きかけによるゼロベースでの業務削減・効率化

各部署単位に働き方変革の計画を策定、ゼロベースでの業務見直しを実施。社長と各部署のマネージャーがミーティングする機会を設け、進捗状況を確認しています。働き方改革によって創出された時間を社外講習への参加、資格取得、ボランティアなどに活用することができます。

柔軟な働き方

2018年度には、営業用携帯端末の一斉更新、保険事務フローの見直し、社内イントラネットのグループウェア更新を予定しています。職員がより自立的に生産性高く働けるよう、さらなる勤務環境の見直しを進めて参ります。

取組みの成果

「プラチナくるみん」認定取得

住友生命は、過去3回厚生労働大臣から子育て支援企業として「くるみん」の認定を受けてきました。2015年4月には、さらに高い水準で両立支援に向けた取組みをおこなう企業への「プラチナくるみん」の認定制度が始まり、当社も「プラチナくるみん」の認定を取得しました。

厚生労働省「均等・両立推進企業表彰」

2010年度 均等推進企業部門「厚生労働大臣優良賞」受賞
2014年度 ファミリー・フレンドリー部門「厚生労働大臣優良賞」受賞
女性職員の活躍をサポートする積極的な取組みが評価され、保険会社で初めて両部門における最高賞である「厚生労働大臣優良賞」を受賞しました。

厚生労働省「イクメン企業アワード2014」特別奨励賞受賞

男性労働者が育児と仕事との両立支援を促進する取組みを積極的におこない、工夫している企業に与えられる同賞を受賞しました。

経済産業省「ダイバーシティ経営企業100 選」

「ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業」を表彰する「ダイバーシティ経営企業100 選」に2013年、選定されました。

「LGBT指標(PRIDE指標)」 (任意団体work with Pride策定) 2016年度ゴールド表彰

日本で初めてとなる、企業のLGBTなどの性的マイノリティに関する取組みの評価指標「PRIDE指標」において、最高ランクであるゴールド表彰を受けました。


  • ・一般職(関西圏採用)エントリーシート、5/13(日)まで受付中!new
    ・総合営業職セミナー受付中!総合営業職マイページへGO!new

閉じる