「健康増進型保険」快進撃を支えた視点

生命保険の常識を
くつがえす新商品。
世の中に新しい波をつくる
3人の挑戦。

社員画像

総合職
営業企画部次世代マ-ケット開発室
副長

2005年入社

東 慶彦

経済学部卒。主に金融政策について学ぶ。生命保険の存在意義や社会的役割に興味を持つと同時に、先輩職員の仕事に対する熱意に共感を抱き入社。現在は「JVP」における、リワード業務に従事する。

社員画像

総合職
主計部数理室
副長

2010年入社

西尾 和記

情報理工学研究科卒。主に量子制御の研究に携わる。数理の知識を駆使して新しい分野に挑戦できる可能性を感じて入社を決意。現在は、アクチュアリーとして健康増進型保険のプライシング業務に従事する。

社員画像

総合職
営業企画部次世代マ-ケット開発室
主任

2012年入社

森山 俊介

理工学部卒。主に金融工学と統計学について学んだ。住友生命には、理系ならではの視点をいかした業務をおこなえる可能性を感じて入社を決意。現在は、東と同じく「JVP」における、リワード業務に従事する。

session01 保険業界全体を変える「Japan Vitality Project」

森山 :

私たちが携わる「Japan Vitality Project(以下JVP)」では、「健康増進型保険」という従来の保険とは一線を画す保険の開発に取り組んでいます。

東 :

このプロジェクトが立ち上がった経緯は、世の中における「健康」という意識の高まりが一番ではないでしょうか。政府も声をあげて、健康に関する施策を打ち出す時代に、生命保険にも新たな取り組みができないかということではじまり、当社ではアフリカのディスカバリー社との提携が実現することで、本格的に動きはじめました。その中で、私と西尾は、プロジェクト立ち上げ当時から関わっております。

森山 :

私は、途中からの参加ですが、JVPで開発するものは、従来の生命保険とは全く違うと感じます。もちろん、万一の時や、病気やケガで入院を余儀なくされる場合に保険金などをお支払いすることは同じですが、違うのは保険料の仕組みですね。

東 :

従来の保険は、その時の健康状態に対して保険料が決まるというシステムですが、健康増進型保険は日々の健康増進活動によって、保険料が毎年変動します。禁煙やその日の歩数、あとは健康診断の結果ですとか、そういったものをポイントに換算して、保険料を決めます。当然、日本でははじめての試みですね。

西尾 :

私自身は、数理の専門知識を社会で役立てたい想いからアクチュアリー職を志望していたこともあり、この分野で何か新しいことに挑戦してみたいという気持ちを常に持ち続けていました。ですので、このプロジェクトは非常に面白い試みだなと感じました。世の中から確実に求められるものですし、当社としてもぜひとも成功させたいプロジェクトです。

東 :

そうですね。生命保険の概念を転換させる商品ですし、私も保険業界全体に影響を与えられる取組みだと思います。「悲しみと共に貧しさが訪れないように」という従来の生命保険の意義に加え、「保険加入者の健康増進への意欲」を高め「健康増進に寄与する行動変容を促す仕組み」が組み込まれており、お客さまの健康状態の向上と健康長寿社会の実現に寄与することができると思います。また、「お客さま」「社会」「企業・従業員」が共有価値を創造する「Creating Shared Value」の概念に基づいたプロジェクトとなりますので、より達成する意義も大きいと感じました。

対談風景

session02新しいことには必ず壁が立ちはだかる。

西尾 :

従来の保険のあり方を180度変えてしまう商品なので、アクチュアリーとしては健康状態の変動においての保険料の値付け、いわゆるプライシング業務が非常に複雑になってきます。特に自分の業務上の立場からは、健康増進活動についての適切なリスク評価の仕組みを構築することがハードルだと感じていました。

森山 :

なるほど、具体的にはどのような点ですか?

西尾 :

保険料はリスクの引受に対する対価ですので、適切にリスクを評価してこそ初めて保険料を決定することができ、商品をお客さまに届けることができるようになります。ところが、本商品は国内初の取組みであることから、開発をスタートした当時はどこから手をつけてよいかすら全く想像がつかなかったのです。それを紐解いて考えることには、なかなかアイデアが出せず、骨が折れました。

東 :

そうですよね。全く前例がない業務なので、プロジェクトのメンバーは本当に苦労していたと思います。

西尾 :

実際にみんなでアイデアを出し合ったり、世の中に出ている研究成果や論文を調査し、実務的にそれができるかどうかを一つひとつ確認するのは大変でしたね。

森山 :

東や私が携わっているリワード業務も同じような壁に当たっていたと思います。リワードとは、お客さまの健康的な活動を促すための提携企業による特典のことで、他国の事例で言えば、保険に加入することでフィットネスジムや旅行が割引されるといったものです。

東 :

そういった特典を提供してくださる企業を探し、様々な交渉をすることが私たちの役割。しかし、特典を提供していただくためには、JVPに対して興味を持ってもらうことからはじめなければいけません。その壁になったのが、やはり日本ではじめて取り組むが故の知名度の低さです。

森山 :

もちろん特典を提供いただければ送客効果もありますので、そういったことをアピールすることも大切ですが、「健康」というブランドがその企業に根付いているかどうかということもポイントのひとつになりますね。

東 :

そうですね。さらに、従来の保険とはコンセプトの異なる保険であるため、「いかにお客さまに納得してもらい、ご加入いただけるか」がキーであり、大きなハードルとなると思います。

西尾 :

また、違う視点でいうと、英語にも苦労しました。JVPは、ディスカバリー社と共同のプロジェクトであるため、両社の意見を調整しながら商品や制度の設計をする必要があり、かなり細かい内容まで英語でディスカッションしなければならない部分もありました。

森山 :

私も英語には苦労しています。ですが、社内に語学研修の制度もあるので助かっています。

対談風景

session03世の中に新しい価値を広めていく。

東 :

色々な苦労はありますが、JVPに携われたことは本当に自分の成長にとってもプラスになったと思います。確かに、様々な企業の方にJVPの素晴らしさを知っていただき、いかにメリットがあるのかをお伝えすることはすごく大変ですが、それだけに提携が決まるとうれしさもひとしおですね。実際に、リワードを提供いただく提携企業との交渉を進めていく過程においては様々な課題に直面することがありましたが、そのような中、協業内容について合意できた際は、達成感を感じました。

森山 :

私もそう思います。いまは、実際にリワードの合意が取れた瞬間が一番うれしいです。それだけ健康増進型保険が世の中に広がっていくということですから。自分たちが生命保険の新しい価値を広めていると思うと、やりがいを感じずにはいられません。

西尾 :

そうですよね。世の中の流れに沿って、住友生命が健康増進型保険の先駆者として商品を出して、それが広がっていく。そこに若い頃から関わらせてもらえたのは、すごくいい経験になったと思います。アクチュアリーとして関わる中でも、試行錯誤しながらつくりあげた自分のアイデアが認められ、かたちになっていっていく過程には深い喜びを感じました。

森山 :

社内でもいたるところで健康増進というワードが飛び交っていますし、そういった新しい商品が世の中に出るという熱は徐々に上がってきているように感じますね。それが、どんどん社会に広がっていくと考えるとワクワクしてきます。

西尾 :

また、新商品をつくっていく中で、忌憚なく発言することができましたし、若手が活躍できるフィールドが広がっているとも感じます。若手一人ひとりが携われる範囲はとても広いのではないでしょうか。

森山 :

そうですね。そういった環境があることも、住友生命が挑戦を続けていける理由ですよね。

東 :

うん、その挑戦が世の中を変えていくのだと思います。繰り返しになってしまいますが、この健康増進型保険は、当社のみならず保険業界全体にとって、新たな方向性を示すという「価値」を生み出す商品です。これまでの生命保険の概念・イメージを180度転換し、「生命保険は健康になるために加入する」というポジティブなものに変えていけるはず。住友生命の挑戦は、世の中に新しい価値を生み出し続けると思います。

社員画像

  • ・6/1(金)インターンシップサイト リニューアルOPEN!!!new
    ・総合営業職セミナー受付中!総合営業職マイページへGO!new

閉じる