限りなく正解に近い、
答えを求めて。

2012年入社

鈴木 竜平

特別勘定運用部 特別勘定運用室
主任

求められるのは、多角的な視点

特別勘定運用部は、お客さまからお預かりした保険料を運用し、それを増やしていくことを担う部署。その中でも、私が所属するグループの担当は国内株式の運用です。リスクに配慮しながら、お客さまからお預かりした資産を運用していくその仕事は、責任重大。もちろん、私たちが投資で失敗をすれば資金も減るため、判断には冷静さと論理性が必要です。
特に難しいと感じるのは、株式投資には「答え」がないということ。だからこそ、投資判断に関する一つひとつの理由を明確に伝えることができなければいけません。そのためには物事をあらゆる側面から分析する多角的な視点が必要であり、私自身、証券会社やエコノミスト、アナリストといった専門家の方々に意見を伺うことはもちろん、社外のセミナーに参加し、知見を広げると共に市況を見通す目を養っています。

先輩画像

責任の大きさを、成長につなげる

グループ内には「ポートフォリオマネージャー」と呼ばれる運用のプロフェッショナルがいます。国内だけでなく、外国株や国内外の債券など幅広い投資先を見通して判断をおこなうその姿は、すごいのひと言。そのほかにも当部署には運用に長年携わっているベテラン職員が多く、その分析方法などを間近で見られるこの環境は本当に刺激的です。
まだ経験が浅い私が心掛けているのは、自分の調べたことを「発信する」こと。お客さまの資産を預かっている一員として、マーケットに関する様々な情報を調べ、研究し、自分なりの答えを持って社内の議論に参加する。そして、先輩方に少しでも投資判断の参考となる情報を伝えることが、いまの私の役割だと思います。若手の意見も尊重してくれる社風なので、議論の場では思い切って発言できている点も、そうした想いを強めてくれる一助となっているのかもしれません。

先輩画像

信頼できる答えを出せる存在へ

私自身は、これからも資産運用に携わり続け、成長したいと願っています。まだまだ所属内では「鈴木がこんなこと言ってるな」というくらいの存在かもしれませんが、いずれは「鈴木が言ってるのだから」と誰からも信頼されるような存在になりたいです。そのために必要な知見は、引き続き深化させていきます。また、近年は海外の運用機関とのやりとりも活発になってきています。そのためにも、語学の習得は不可欠。住友生命には個人の成長を後押ししてくれる制度や環境があるので、それをいかし、積極的に自己成長を続けていきたいですね。そしてゆくゆくは、ポートフォリオマネージャーという立場を経験したいと考えています。
その上で大きな存在となるのが同期のメンバー。当社の特徴の一つとして「同期との繋がりの深さ」があり、どの世代にも共通していると思います。私自身も、支社に配属されていた頃、47都道府県にいる同期を巡る旅へ出かけたこともあるんですよ。100名近くいる同期は本当に心強い存在。これからもお互いを高めながら、モチベーションを刺激し合える関係でいたいですね。

profile

環境情報学部卒。内定者の同期会に参加した際、生涯一緒に働き続けたい仲間がいることを感じた。学生の頃からニュースやスポーツ、世界情勢などに興味を持ち、調べて知ることが好きだった。様々なことにアンテナを張る現在の仕事には、面白みと大きなやりがいを感じている。
  • 新卒採用トップ
  • 一般職
  • 総合営業職
top