なりたい私が、
見つかる場所。

2017年入社

髙橋 優佳

仙台すみれい営業センター

「これがやってみたい」を見つけた、
学生時代のアルバイト

「将来は、これをやりたい!」そんな熱意に溢れた学生だったかと問われると、首を横に振るかもしれません(笑)。頑張っていたのは主にアルバイトで、居酒屋やコールセンターなど、在学中は常に何かしらのアルバイトをしていました。そんな数年間を経て、やがて就職活動へ。そこで感じたのは「幅広い年齢層の人とコミュニケーションをとりながら働く仕事って、面白かったな」ということでした。そのため「営業職」に興味をもちました。また、働くことは好きだったので、結婚や出産を経ても長く勤められる環境が良いなと思いました。こうして振り返ると、数年間のアルバイトを通じて、自分なりの仕事へのやりがいや価値観を得ていたんだなと思います。

先輩画像

これからの「仙台すみれい」の歴史をつくる

住友生命に入社を決めた理由は、まず第一に先ほど述べた希望に当てはまっていることです。さらに、馴染みのある仙台で働けること。最後に、勤務する仙台すみれい営業センターが平成29年4月スタートし、私たちが「第一期生」になると伝えられたことです。選考の際に「みんなが仙台におけるすみれいの土台をつくっていくんだよ」と言われて「すごい!絶対入社したい!」と思いました。
入社後は、周囲の方に支えられながら、一歩ずつ成長しています。まずは、誰よりも側でサポートしてくださるトレーナー。業務や提案の流れはもちろん、スーツの色や靴の選び方など、細かいことまで相談させていただいています。それから、同じタイミングで入社した同期の仲間。まるで姉妹のように仲良く個性的なメンバーばかりで、プライベートや仕事終わりに食事にいくこともあります。お互いに支え合ったり励まし合ったりしながら働いています。

先輩画像

目標は、
「トレーナーのような素敵な女性」
になること

いまはまだ少しずつ仕事を覚えている段階ですが、中でも強く感じているのは 「自分の伝えたいことを言葉にしてお客さまに伝えることの難しさ」です。
社内研修では、現場をシミュレーションした具体的なロールプレイングもあり、お客さまとのやりとりの仕方を一通り学びました。お勧めする商品の説明なども、比較的早い段階で覚えることができたと思いましたが、実際に提案してみると思いもよらない質問をいただくこともあり、どんな疑問にも答えられる引き出しや知識がまだまだ足りていないことを感じます。
うまくいったことも、失敗したことも、全部大切な経験として、自分の中に積み上げてもっと成長していきたいと思っています。
将来の目標は、「トレーナーのような素敵な女性」になることです。いつもそばで私たちを支えてくれていて、「すごいな」「かっこいいな」と思っています。いつか自分もそんな存在になって後輩を支えられるようになりたいです。
そのためにも、まずは自分がしっかり成長していけるように頑張ります。

profile

出身は秋田県秋田市。高校卒業までは秋田市で過ごし、大学からは仙台に住んでいる。経営学を学んでいたが、大学時代に「これ!」という目標や夢があるわけではなかった。就職活動時は、不動産や金融業界を中心に企業を検討。その中で女性が活躍できて、人柄に魅力を感じ、住友生命へ入社を決めた。
  • 新卒採用トップ
  • 総合職
  • 一般職
top