ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 金融教育

金融教育

生命保険への理解や信頼を高めるための「講師派遣」や、生命保険の仕事への理解を深めていただくことを目的とした「体感プログラム」を行っています。

大学講義への講師派遣


講義風景(九州大学経済学部)

高齢化社会の進展等により、ますますその役割が大きくなる生命保険への理解や信頼をより高めるため、国内の大学に客員教授をはじめ講師陣を派遣しています。

生命保険の歴史・仕組みから、生命保険に関連する法律、資産運用など幅広い視点から、経営第一線で活躍する講師が講義を行っています。

ページの先頭へ戻る

アクチュアリー体感プログラム

当社では生命保険会社のアクチュアリーという仕事への理解を深めていただくことを目的に、平成11年度から毎年東京と大阪の2会場で、現役の大学・大学院生を対象にアクチュアリー体感プログラムを実施しています。1泊2日のプログラムは、アクチュアリーや保険数理に関する基礎知識講座の他、パソコンを使用して保険料を決定する模擬実践など、専攻分野の学問を応用しながら実際のアクチュアリー業務を体験できる構成になっています。

【受講者の声】

  • 経営層の方に直接お考えを聞ける機会は貴重で勉強になった。
  • アクチュアリーは幅広い分野で活躍できる貴重な人材だと思った。
  • チーム対抗の模擬実践では、チーム一体となって与えられた課題に取り組み競うことで、とても楽しく学べた。
  • 講義、実践だけでなく、参加者同士が交流できる懇親会もあり、内容の濃い2日間だった。


ページの先頭へ戻る