ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 介護・医療 > 闘わないがん治療

「闘わないがん治療」-21世紀のがん治療:粒子線治療の情報-

  がんの有効な治療法のひとつとして、粒子線治療が近年注目を集めています。手術不要で副作用も少なく、通院でがん治療を行うこともできる治療方法であり、先進医療のひとつです。粒子線治療は、厚生労働省によって先進医療に指定されていますが、全額自己負担で支払う技術料が300万円を超えることもある高額療法です。※陽子線と炭素イオン線(重粒子線)を用いた治療を「粒子線治療」と呼んでいます。平成28年4月から一部の粒子線治療が保険適用となっています。

上の再生ボタンをクリックすると、ダイジェスト映像を見ることが出来ます。
医学博士 菱川良夫先生
 医学博士 菱川良夫先生

  住友生命では、粒子線治療の権威である医学博士の菱川良夫先生(兵庫県立粒子線医療センター名誉院長・がん粒子線治療研究センター(現メディポリス国際陽子線治療センター)長)に講演等の協力を得て、「闘わないがん治療」というDVDを作成し、お客さまに配布しています(H28年7月現在で約12万枚を配布しています)。

「闘わないがん治療:粒子線治療とは」医学博士 菱川先生に聞く闘わないがん治療
※先進医療について詳しくは厚生労働省のホームページをご覧下さい。 厚生労働省ホームページへのリンク
※なお、個々の症状によって治療法や効果が異なりますので、治療・診断にあたってはかかりつけの医師に相談してください。

【HP 協力団体】

兵庫県立粒子線医療センター兵庫県立粒子線医療センター

メディポリス国際陽子線治療センターメディポリス指宿がん粒子線治療研究センター


ページの先頭へ戻る