生命保険アクチュアリーの業務を体験!

アクチュアリーコースactuary

  • 2Days
  • 選考アリ
  • 保険数理
  • 社風
  • 2Days
  • 選考アリ
  • 保険数理
  • 社風

生命保険アクチュアリーとして活躍する職員が企画・運営するコースです。
「アクチュアリー」の幅広い職務内容を知っていただけるほか、その将来性や国際的な活躍フィールド、保険料設定や収益管理手法なども体験いただけます。
また、アクチュアリー職員との交流を通じて、当社で働くアクチュアリーの雰囲気を感じ取っていただけます。

コース内容COURSE

  • Summer Challenge セッション

    ※今夏開催予定※内容等は、今後変更になる可能性があります。
    保険数理の基礎学習に重きを置きつつ、実務も体験いただく2日間のコースです。

    1日目

    アクチュアリーについての簡単な紹介の後、保険数理の基礎を学び、保険料設定業務の体験をしていただきます。予備知識がない方でも理解いただけるようにステップを追ってご説明いたします。また、アクチュアリーとして第一線で活躍する職員とのフリートークタイムもあります。

    2日目

    実務で用いられている収益管理手法を紹介するとともに、保険会社の財務分析を体験していただきます。また、アクチュアリーが活躍するフィールドや役割などに関する講義を通じ、その幅広い可能性と将来性を感じていただきます。コースの締めくくりには、皆さんからのご質問に職員が本音でお答えします。

  • Winter Progress セッション

    ※今冬開催予定※内容等は、今後変更になる可能性があります。
    アクチュアリー業務の実践学習とグループワークを行っていただく2日間のコースです。

    1日目

    保険料算定に用いる計算基礎率の設定業務や保険商品発売後の収益管理業務について、講義やグループワークを通して体験していただきます。また、アクチュアリーとして第一線で活躍する職員とのフリートークタイムもあります。

    2日目

    1日を通したグループワークで、保険料設定や保険金支払余力確保の検討をしていただき、生命保険会社経営を支えるアクチュアリーについての理解を深めていただきます。コースの締めくくりには、皆さんからのご質問に職員が本音でお答えします。

募集要項INVITATION

コース名称 アクチュアリーコース
プログラム
内容
  • (1)Summer Challenge セッション(2日間)
  • (2)Winter Progress セッション(2日間)
参加条件
  • 大学生および大学院生、かつ全日程ご参加いただける方
  • 学部学科不問・全学年対象・国籍不問・性別不問
場所・実施日時・応募期間
  • (1)Summer Challenge セッション(2日間)
    オンライン形式にて、今夏開催予定
  • (2)Winter Progress セッション(2日間)
    対面形式(東京・大阪)にて、今冬開催予定
詳細は決定次第掲載いたします。
報酬・交通費・宿泊費 Winter Progress セッションに参加される方については、弊社規定に基づき負担いたします。(上限あり)
応募方法

【申込方法】

  • (1) 本サイトからプレエントリーいただき、ID・パスワードを取得ください。
  • (2) マイページよりエントリーシートをご提出ください。
  • (3) 書類選考を行ったうえで、選考結果をご連絡します。
  • ※上記内容は今後変更となる可能性がございます。
  • ※本プログラムへの参加の有無が採用選考に影響することはございません。

参加者の声VOICES

ごく一部ですが、参加者の声をご紹介します。

  • オンラインのインターンシップでも面白い仕掛けがたくさんあって、住友生命の職員の方々や参加者同士で積極的にコミュニケーションが取れてよかったです。
  • 質問コーナーでは職員の皆さんが本音で語ってくれて、より住友生命のことを理解できたとともに、職員の皆さんの熱意と誠実さを感じ取ることができ、大変有意義な2日間でした。
  • 住友生命についてより理解が深まり、社風や幅広く活躍するたくさんのアクチュアリーの方々、「Vitality」などの商品を通じた社会貢献度の高さなどが、大変魅力に感じました。私たち学生が積極的に取り組むことのできるプログラムで楽しいインターンシップでした。
  • 参加するまで、「商品開発」「決算」などと言われてもピンとこなかったが、今回のワークを通じて基礎的な知識を身につけるとともに、アクチュアリー業務とはただの計算ではなく、様々な分野の知識、思考力が必要になる大変興味深いものであることがわかりました。
  • 他社さまの損保アクチュアリーのインターンシップにも参加したのですが、比較してみると生保の場合はより経営に関わるという側面が強いように感じました。

その他のコース