ホーム > 保険をお考えのお客さま > 保険を知る > すぐに役立つみんなのデータ集 > 入院にかかる費用「差額ベッド代」って何ですか?

入院にかかる費用「差額ベッド代」って何ですか?

入院にかかる費用には、治療費の他にも食事代や差額ベッド代、ご家族の交通費等があります。 「差額ベッド代」とは、希望して個室等に入院された場合、基本的に1〜4人部屋に入室されたときにかかる費用で、正式には「特別療養環境室料」といいます。全額が自己負担となりますが、約73%の方が差額ベッド代を負担しても「個室や少人数部屋」を希望しています。(※1)しかし、入院日数が長くなると大きな負担となってきます。

(※1) セールス手帖社保険FPS研究所 平成26年「サラリーマン世帯生活意識調査」から

平均的な1日あたりの差額ベッド代(※2)

差額ベッド代の基準 1.一病室4床以下 2.面積が一人当たり、6.4u以上 3.ベッドごとにプライバシーを確保する設備 4.個人用の私物収納設備・照明・小机・椅子の設置

具体例(※3)

首都圏私立病院(1日料金、内容) 近畿地方公立病院(1日料金・内容)

「個室なんて贅沢では?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。大部屋を希望するも数か月待ち…差額ベッド代のかかる病室なら、すぐに入院できるという事例もあるようです。
がんなどの重い病気では、よりよい環境で治療に専念したいと考えることは、贅沢とは言えないですね。

入院費用は1日あたりどれくらい必要?

  • 記載の内容は、平成29年4月現在の制度によります。今後、制度の変更に伴い、記載の内容が変わることがあります。
  • 当社生命保険商品のご検討にあたっては、「設計書(契約概要)」「注意喚起情報」「ご契約のしおり−定款・約款」「ご契約重要事項のお知らせ[契約内容(および解約返戻金額表)]」を必ずご覧ください。

保険に関するご相談・お見積りはお気軽に!コンサルティングデスク0120-199366 受付時間 月〜金曜日:午前9時〜午後6時  土曜日:午前9時〜午後5時(日・祝日・年末年始を除く)


ページの先頭へ戻る

(登)営情HP-17-0048