ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 少子化・子育て > 未来を強くする子育てプロジェクト > 子育て支援活動の表彰 > 第6回 > 受賞団体

未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰 女性研究者への支援 プロジェクトからのメッセージ 選考委員会のご紹介 結果発表 コンテンツマップ Facebook 住友生命公式ページ 住友生命のCSR
子育て支援活動の表彰
第6回 未来賞
特定非営利活動法人 ウイズアイ 東京都清瀬市 代表者:川原 壽春 赤ちゃんを真ん中に、家族、地域、みんなをつなぐお手伝いをしています

活動内容

未就園児の親を対象にグループワークを展開し、仲間づくりを支援。
24時間緊急一時保育にも対応し、第2の実家としての役割を目指しています。

● 不安いっぱいの新米ママをサポート

 新生児訪問指導員をしていたメンバーが、初めての子を出産し不安と緊張の中で孤立した育児をしているお母さんたちに多く出会いました。そうした新米ママたちが集い、お互いに子どもを見守り、学び合って、子育てができる場を作りたいと思ったのが、この活動を始めたきっかけです。現在は活動の幅も広がり、ひろば事業や預かり事業など、さまざまな子育て・親支援事業を展開中。
悩みを抱えたお母さんたちが気軽に頼れる「第2の実家」のような場所を目指しています。

● 参加者同士の交流も盛んです

 参加者同士の結びつきが強い点も、私たちの活動の特徴のひとつです。たとえば、連続講座への参加を通じて交流を深めたお母さんたちが、講座終了後も活動を続けたいと、自主的にサークルを立ち上げ、これまでに150以上のサークルが誕生しています。当時赤ちゃんだった、第1期生のお子さんは現在、中学3年生。同じ悩みを抱えているママたちをつなぐ自助グループ育成にも力を入れており、「多胎児の会」の先輩ママは、現役ママをサポートしています。ともに育った子どもたちを地域の中でわが子のように見守っています。

● お父さんたちにも育児参加・地域交流の機会を

 お母さんたちの子育てのストレスや不安を解消する上では、父親の役割は重要です。そこで私たちは、父親向けの育児講座・料理教室も定期的に開催しています。ベビーマッサージ・夫婦のコミュニケーション講座などのプログラムで、親を支援できるよう工夫しています。こうした参加型講座を通じて、父親の育児参加・地域参加の機会を作っています。

受賞の言葉

子どもたちの笑顔はママたちが笑っていること、そのためには心身共に余裕が必要。ママたちの笑顔にはパパたちの理解や協力が不可欠。家族みんなが笑顔になれる地域・社会、それが私たちの活動の目標です。当事者の声に寄り添いながら事業を展開し、自分たちで必要な支援を生み出してきました。今までの活動を認めていただき感謝でいっぱいです。

参加者の声

頼れる実家も友達もいない中の不安な子育て、「新米ママの会」で出会ったママ友たち、今では何でも話せる親友です。この出会いがあったから、ここまで頑張れました!
ここでは親も子も大切にしてくれるので、「明日も頑張ろう!」と元気になれます。肩肘張らずに素直に育児が楽しいと思えるようになったのは、ウイズアイのおかげです。
受賞後の様子
 清瀬市の市報に大きくウイズアイの活動を取り上げていただき、私たちの活動を広く知ってもらうことができ、活動に協力してくださる方も増えました。それによって、ウイズアイのスタッフに自信と誇りが生まれたことは大きな成果です。また、受賞後の翌年(平成25年)、行政から紹介していただくケースが目覚ましく増えたことも、受賞のおかげと思っています。さらに、ウイズアイサポートチームのママ達が、情報誌を置かせてもらえる場所を拡大してくださり、ママたちの目線でチラシやポスターなどを作成し、自分たちで市内のあちこちに貼ってくださるなど、広報活動がより充実してきています。私たちの行っている「24時間緊急一時保育」は、社会的評価が高まったため知名度が一段とアップし、利用者が急増しています。柔軟に対応できる体制を整えようと頑張っており、新たにスタッフも増え、活気に溢れています。
団体プロフィール
名称 特定非営利活動法人 ウイズアイ
活動開始 1995年4月
スタッフ 50名
連絡先 〒204-0024
東京都清瀬市梅園2-2-29 ラベ梅園1階
TEL:042-452-9765

主催:住友生命保険相互会社 お問合せ先:「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局 TEL:03(3265)2283(平日10:00〜17:30)


ページの先頭へ戻る