ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 少子化・子育て > 未来を強くする子育てプロジェクト > 子育て支援活動の表彰 > 第6回 > 受賞団体

未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰 女性研究者への支援 プロジェクトからのメッセージ 選考委員会のご紹介 結果発表 コンテンツマップ Facebook 住友生命公式ページ 住友生命のCSR
子育て支援活動の表彰
第6回 未来賞
夢 遊空楽彩 Crazy Pumpkin 神奈川県秦野市 代表者:久保寺 こずえ 障がいのある子もない子も、絵筆を握ってのびのびと自己表現しています

活動内容

障がいのある子もない子も楽しく過ごせるように絵画教室を開催。
幼稚園、中学校、短期大学にて絵本作りや講演会活動も行っています。

● 症状や個性の違いに合わせた絵画指導

 絵画指導を通じた子育て支援を、約30 年にわたって続けてきました。小学校の特別支援学級のサポートをしていた関係で、私たちの絵画教室には、障がいを持った子どもたちも多く通っています。
 ひとりとして同じ個性を持った子どもはいませんので、個々のペースに合わせた指導ができるよう、当教室では個別指導の体制を整えています。スタッフがすぐ隣で見守るなか、障がいのある子もない子も自由に、そして楽しく絵を描いています。

● 展覧会を通じて、大きく成長する子どもたち

 障がいについて知ってもらう機会になればと、定期的に展覧会も開催しています。一生懸命に描いた絵を多くの人に観てもらうことで、子どもたちは達成感を得るとともに、自分に自信が持てるようになります。なかには、めきめきと力をつけて、美術展で賞を受賞した子や、作品が雑誌の表紙を飾った子などもいます。開催前から問い合わせも多く、毎回、たくさんの方にお越しいただいています。

● 絵を描くだけではありません

 生徒の多くが、中学生や高校生になっても変わらず、私たちの絵画教室に通い続けてくれています。それは、アトリエが子どもたちにとって、単に絵を描くための場所ではなく、交流や息抜き、そして親には言えない悩み事を相談できる場所にもなっているからだと思います。家庭とも、学校ともまた違った子育てを、絵画指導を通じて、今後も続けていきたいと考えています。

受賞の言葉

このような賞をいただき、スタッフ共々大変嬉しく思っております。「うちの子に絵を教えてください」 の言葉がきっかけで絵画教室が始まり、生徒や父兄、学校や福祉関係者、私を支援してくれる多くの人に出会い、学び、助けられて今日があります。これからも子どもたちを支え、愛し、育成の場所としてあり続けられるよう努力していきます。

参加者の声

自閉症の息子が、油絵セットを持って楽しそうに絵画教室に通っています。幸せなひとときです。
息子が教室に通って早2年、休むなんて言ったことがありません。本当に居心地の良い場所なんでしょう。大好きなことに集中して取り組む彼の背中には成長の証しがしっかりと現れ、いつも家族の元気のもととなっています。
受賞後の様子
 授賞式後の懇親会で神奈川テレビの方に声をかけられ、番組『ありがとう』に出演することになりました。その反響は大きく、番組終了後に開催した絵画展にも「番組を見て来ました」という方がいらっしゃるなど、来場者が増えています。保育園での絵画指導も回数が増え、うれしい悲鳴が上がっています。保育雑誌でも紹介され、幼稚園等での私たちの絵画指導の活動が評価され、うれしく思っています。障がいのある子どもたちも、自分たちの絵がテレビや冊子で紹介されたことから、次回作への意欲がますます深まり、「いい絵」を制作しています。また、作っていただいた冊子やネットの評判も良く、私たちの会の紹介をするときには欠かさず使わせてもらっています。助成金は、備品の購入や障がい者支援の資金として使わせていただいています。助成金を使って作成したカレンダーは、子どもたちはもちろん、ご家族にも大変喜ばれています。
団体プロフィール
名称 夢 遊空楽彩 Crazy Pumpkin
活動開始 1984年5月
スタッフ 5名
連絡先 〒259-1306
神奈川県秦野市戸川717番地の5
TEL:0463-75-4056

主催:住友生命保険相互会社 お問合せ先:「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局 TEL:03(3265)2283(平日10:00〜17:30)


ページの先頭へ戻る