ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 少子化・子育て > 未来を強くする子育てプロジェクト > 子育て支援活動の表彰 > 第6回 > 受賞団体

未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰 女性研究者への支援 プロジェクトからのメッセージ 選考委員会のご紹介 結果発表 コンテンツマップ Facebook 住友生命公式ページ 住友生命のCSR
子育て支援活動の表彰
第6回 未来賞
子育てオーダーメイド・サポートこもも 青森県青森市 代表者:橋本 歩 妊産婦さんを対象に、「オーダーメイド」の子育て支援をしています

活動内容

妊娠期から産後の相談・情報提供や、妊産婦家庭へのヘルパー派遣、
ヘルパー養成研修、仲間作りの交流会などを行っています。

● 安心して産前産後を過ごしてもらいたい

 行政の子育て支援機関や、子どもたちの遊び場が充実している青森市は、比較的恵まれた育児環境にあると思います。しかし一方で、そうした存在を知らずに、ひとりで悩み、心身を疲弊させているお母さんたちも少なくありません。私たちは、産前産後のたいへんな時期を、大きな負担を抱えながら過ごす妊産婦さんのために、必要な情報や人手、ネットワークを提供する活動をしています。

● 各家庭の状況に合わせたサポートを実施

 私たちの主要な活動のひとつに、妊産婦家庭へのヘルパー派遣があります。初回は必ず、コーディネーターによる聞き取りを実施しています。これは、利用希望者の現状や困りごとをきちんと把握し、解決方法を一緒になって考え、その上で各家庭の状況に合った適切なサポートを行うためです。ちなみに、派遣するヘルパーは、独自の研修を修了した育児経験者たち。サポートの担い手を育て増やすことも、私たちの大切な仕事です。

● 地域の先輩お母さんが講師を務めます

 「マタニティ交流会」では、講師を務める地域の先輩お母さんの話に、時に楽しく、時に真剣な表情で耳を傾ける妊婦さんたちの姿が印象的です。
 出産の喜びや育児のコツに関する、身近な先輩の体験談は、初めての出産を前に不安を抱えた妊婦さんたちにとって、とても心強く感じられるようです。今後は、こうした交流活動にも力を注いでいきたいと考えています。

受賞の言葉

私たちの活動は地味で目につきにくいものですが、これからも産前産後サポートやマタニティ交流会などを通して『産後はゆっくり休む』ことの大切さを伝え、産前産後は誰かに支えてもらうことが必要なんだと知ってほしいです。そして1人きりで頑張らず、辛いと言える仲間がいる中で育児をしていけるようなお手伝いが出来ればと思っています。

参加者の声

今年3人目を出産後にサポートを受けました。産前産後は体も心も不安定だったので、親のサポートが受けられない大変な時期を支えてもらえて本当に良かったです。
利用者として、受賞をとてもうれしく思っています。産前産後のサポートをしてくれる人たちがいることが広まり、少しでも楽に産褥期を過ごせる人が増えたらと願っています。
受賞後の様子
 隔月開催のマタニティ交流会、産前産後コーディネート&サポート、産前産後ヘルパー勉強会、養成研修などの活動をしていますが、マタニティ交流会については「出産前にみなさんの産後のお話を聞けて良かった」「和やかで子連れで参加しやすい」、産前産後コーディネート&サポートについては「サポートに入っていただくことで、家事の足りない部分を補ってもらい、精神的に安定できる」、産前産後ヘルパー勉強会については「サポート活動の中で一番大切にしている『消化のよい食事作り』について調理実習をすることで、みんなで具体的に勉強することができた。定期的にやりたい」といった前向きな評価をいただいています。助成金は会場費や材料費、講師費などに使わせていただいており、今後はホームページの修正費や、研修費として使わせていただく予定です。
団体プロフィール
名称 子育てオーダーメイド・サポートこもも
活動開始 2007年12月
スタッフ 15名
連絡先 〒030-0841
青森県青森市奥野1丁目7-5 D-7
TEL: 017-743-9892

主催:住友生命保険相互会社 お問合せ先:「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局 TEL:03(3265)2283(平日10:00〜17:30)


ページの先頭へ戻る