ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 少子化・子育て > 未来を強くする子育てプロジェクト > 子育て支援活動の表彰 > 第7回 > 受賞団体

未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰 女性研究者への支援 プロジェクトからのメッセージ 選考委員会のご紹介 結果発表 コンテンツマップ Facebook 住友生命公式ページ 住友生命のCSR
子育て支援活動の表彰
第7回 震災復興応援特別賞
一般社団法人 にこにこサポート 宮城県仙台市 代表者:木皿 美奈子 子育てに関する「困った」に柔軟に応える、ベビーシッターによる託児サービスを行っています

活動内容

女性の子育て経験・家事能力を活かした起業としてベビーシッターの普及を目指していきます。
今後は年齢・職業・子どもの有無を問わず女性支援にも取り組みます

● 震災の混乱の中で活動を開始

 ベビーシッターによる子育て支援サービスを立ち上げるべく準備を進めていた矢先に、東日本大震災が発生しました。 震災直後からサポートを求める電話が殺到。その多くは医療関係者や施設職員など、 震災の中にあっても働かなければならなかったお母さんたちでした。 また、活動拠点のすぐ目の前の小学校が避難場所として使用されていたため、 そこに避難してこられた高齢者や外国人のサポートなども積極的に行ってきました。

● 「困った」の声に応えたい

 私たちのメンバーは、十分な子育て経験を持つ主婦を中心に、 保育士や幼稚園教諭の資格を持つ者たちで構成されているため、子育てに関する「困った」の声に対して 柔軟かつきめ細かに対応することができます。仙台には、より被害の大きかった場所から移ってきた方はもとより、 転勤族の方も大勢いて、周りに頼れる人がいないケースも少なくありません。そうした方たちにとって、 悩みを気軽に相談していただけるような存在でありたいと思っています。

● 母親支援を通じた子育てのサポート

 活動をしていく上で、「母親の支援」という視点を大事にしています。子どもの健やかな成長のためには、 お母さんたちが安心して暮らせる環境が不可欠だと考えているからです。そうした観点から私たちは、 ベビーシッターの派遣に加えて、お母さん同士の交流の場として、カフェを併設した子育てサロンの運営も行っています。

受賞の言葉

今年で4年目。ようやくシッターも普及し、会員さんから「ありがとう」「こんなサービスが欲しかった」との声に、 団体の運営・経営の勉強は大変でも、もっと一生懸命頑張らなくちゃ!!と思っていた時の受賞だったので、 びっくりしましたがとてもうれしかったです。

受賞後の様子
 なかなか定着が難しいベビーシッターサービスですが、今回の受賞によって多くのご家庭から信頼を得られるようになったと感じています。心から感謝申し上げます。現状の保育園、幼稚園、認定こども園だけではサポートしきれないお母さんたちの「困った」に柔軟に応えられるよう、今後も活動を続けていきたいと考えています。
 ベビーシッターの利用が増え、最近では企業からも派遣型の託児の依頼が入るようになりました。今後もベビーシッターサービスを必要としている方々がより安心して利用できるよう、地域に信頼される団体となる努力を惜しみません。また、出産しても働き続ける女性が安心して子どもを任せられるよう、今後もベビーシッターの普及を広げていきたいと思います。
団体プロフィール
名称 一般社団法人 にこにこサポート
活動開始 2010年12月
スタッフ 17名 登録シッター含む
連絡先 〒981-0905
宮城県仙台市青葉区小松島2-3-18
TEL:022-276-1910

主催:住友生命保険相互会社 お問合せ先:「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局 TEL:03(3265)2283(平日10:00〜17:30)


ページの先頭へ戻る