ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 少子化・子育て > 未来を強くする子育てプロジェクト > 子育て支援活動の表彰 > 第8回 > 受賞団体

未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰 女性研究者への支援 プロジェクトからのメッセージ 選考委員会のご紹介 結果発表 コンテンツマップ Facebook 住友生命公式ページ 住友生命のCSR
子育て支援活動の表彰
第8回 震災復興応援特別賞
特定非営利活動法人 にじいろクレヨン 宮城県石巻市  代表者:柴田 滋紀 大切なのは継続性!地域に根ざした子どもたちの心のケアを目的としたレクリエーション活動

活動内容

仮設住宅訪問活動やお絵描き教室、プレーパークの運営などを通じて、
被災地の子どもたちがのびのび過ごせる居場所づくりを行っています

● 塞ぎ込んだ子どもたちを笑顔にしたい

 石巻市内で絵画教室や剣道教室を営んでいた私自身も津波によって家屋を流された被災者の一人です。避難所生活を送る中で目にしたのは、途方に暮れる大人たちのそばでじっと耐え忍ぶ子どもたちの姿でした。そんな子どもたちに元の笑顔を取り戻してあげたいと思い、避難所の一角でさまざまなレクリエーション活動を行うようになったのが、「にじいろクレヨン」設立のきっかけです。

● 継続した支援活動の必要性

 子どもたちに楽しみを提供する支援活動は震災直後から多数ありましたが、その多くは単発であり、子どもたちのニーズや変化を把握できないという課題を抱えていました。そこで私たちは継続性や地域の力を重視し、スタッフも地元在住の人間を中心に据え、曜日ごとに決まった仮設住宅・集会所を訪れています。子どもたちの表情には徐々に笑顔が戻りつつありますが、震災によって心に負った傷は容易には癒えません。今後も長期的な視点からの活動を続けていきたいと思っています。

● 街の復興と生活再建のために

 復興公営住宅などが整備されることによって、子どもたちの遊び場は今後もっと必要になってゆきます。子どもが安心・安全に過ごせる居場所が確保されることで、大人たちの心にもゆとりが生まれるものと期待されます。地域に根差した私たちの活動が、街の復興とともにそこに暮らす人たちの生活再建の一助となれば幸いです。

受賞の言葉

受賞の連絡をいただき、スタッフ一同大変喜んでおります。私たちは、震災後の石巻で子どもたちが日常を取り戻すための居場所づくりを継続して行ってきました。今なお6,000世帯以上が仮設住宅での生活を続ける中で、子どもたちにとって今の生活が将来楽しい思い出になるようにと願いながら、これからも活動を続けていきます。

受賞後の様子
 今回の受賞を通じて、スタッフはもちろん、活動に参加してくれる子どもたち、保護者の方、活動で関わる住民の方、応援してくれる全国の会員のみなさん方と喜びをわかちあうことができました。
  活動を始めてから5年目を迎え、近隣住民の方たちも今ではよき理解者になってくださっています。
 副賞で、子どもたちが安心・安全に過ごせるための拠点を作ることができました。2015年4月から石巻市大街道地区に乳幼児(0〜3歳未満)と保護者のための施設「にじいろひろば」、石巻市上釜地区に0〜18歳までの子どもおよび保護者のための施設「のくのくハウス」を開設し、日々たくさんの子どもや保護者の方に利用してもらっています。
 また、受賞直後から石巻市子育て支援課や生涯学習課に定期訪問し、実績報告や情報交換を行うようになり、結果、「にじいろひろば」が石巻市の地域子育て支援拠点事業の委託につながり、スタッフも倍以上増えました。自分たちがやってきたことへの評価を誇りにして、今後も明るく楽しく子どもたちの笑顔につながる活動を続けていきたいと思います。
団体プロフィール
名称 特定非営利活動法人 にじいろクレヨン
活動開始 2011年3月22日
スタッフ 10名
連絡先 〒986-0856
宮城県石巻市大街道南4-10-5 ヴィラ参番館 202号
TEL.0225-25-5144

主催:住友生命保険相互会社 お問合せ先:「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局 TEL:03(3265)2283(平日10:00〜17:30)


ページの先頭へ戻る