ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 少子化・子育て > 未来を強くする子育てプロジェクト > 子育て支援活動の表彰 > 第9回 > 受賞団体

未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰 女性研究者への支援 プロジェクトからのメッセージ 選考委員会のご紹介 結果発表 コンテンツマップ Facebook 住友生命公式ページ 住友生命のCSR
子育て支援活動の表彰
第8回 未来賞
ぐるぐるアート 世話人会 鳥取県米子市 代表者 : 松下 喜美子 「ありがとう」の言葉でつなぐ感謝の心を育むアート教室

活動内容

小中学校、高校、児童クラブに出向き「ぐるぐるアート」の描き方指導を行っています。
完成した作品を集め、毎年展覧会を開催しています

● 「ぐるぐるアート=心を育む活動」です

 ぐるぐるアートとは、マンダラ絵に着想を得たアート手法です。「ありがとう」の文字を渦巻き状につなげて描き、文字を色分けすることでデザインを浮かび上がらせていきます。描き方はとても簡単ですが、制作を通じて子どもたちは、家族や友人、自然や社会といった身の回りのあらゆるものから、いかに多くの恩恵を受けているかに気づきます。その意味でぐるぐるアートは、子どもたちの心を育む活動でもあるのです。

● 感謝の心を楽しみながら学べます

 心を育むと言っても決して堅苦しいものではありません。ぐるぐるアートを体験すれば、感謝する心の大切さを、楽しみながら自然と学ぶことができます。照れもあって最初は戸惑う子どもたちも、いざ描き始めると感謝の言葉がどんどん出てきて、またたく間に作品を完成させてしまいます。紙とペンがあれば誰でもどこでも手軽にできる点もまた、ぐるぐるアートの大きな魅力です。

● ぐるぐるアートの輪が広がっています

 近所の子どもたちを対象に小規模な形で始まったぐるぐるアートですが、その後たくさんの賛同と協力を得て、数多くの学校やサロン、イベントなどでも教室が開催されています。これまでに13,000人を超える子どもたちが体験し、近年では海外にも展開されています。また2001年から毎年、島根県立美術館にて「ぐるぐるアート展」を開催しており、こちらもおかげさまでたいへんご好評をいただいています。

受賞の言葉

〜アートが育む人の力〜をテーマに、次代を担う子どもたちに感謝の心を育みたいと活動を続けてまいりました。活動を評価していただきありがとうございます。受賞を機に指導者を増やし、組織の構築・充実を図り、ぐるぐるアートの輪を広げてまいりたいと思います。

受賞後の様子
 栄えある賞をいただいたことがメンバー、支援・賛同者の励みになり、誇りを持って活動しています。大人たちはもとより、子どもたちからも「大きな賞をもらってすごい」と声をかけてもらいました。また、米子市、出雲市、松江市、豊中市のボランティア協議会、社会福祉協議会、子育て支援センターなどからも称賛の声をいただきました。
 副賞により看板を製作し、活動地域ごとに準備することができました。看板は、文字・色を統一し、一目で分かりやすくアピールできるようにしました。移動教室や展覧会用に活用しています。また、「ぐるぐるアート展」開催告知パネル、活動紹介のための大型パネル、「ぐるぐるアート」の描き方の説明パネルなどを制作中です。おかげさまで活動の全容がわかりやすくなり、団体のイメージがアップしました。
 小学校、中学校の授業での制作指導は引き続き行っています。夏体みには、各所の学童保育で制作指導も行いました。10月には、島根県立美術館で「ありがとうの心を育むぐるぐるアート展 2016」と題して、16回目の展覧会を開催いたしました。このほか、米子コンベンションセンター開催の「アート交流ひろば」にて、8月下旬からぐるぐるアート展を開催することができました。
団体プロフィール
名称 ぐるぐるアート 世話人会
活動開始 2001年6月
スタッフ 45名
連絡先 〒683-0043
鳥取県米子市末広町150
TEL.0859-35-8964

主催:住友生命保険相互会社 お問合せ先:「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局 TEL:03(3265)2283(平日10:00〜17:30)


ページの先頭へ戻る