ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 少子化・子育て > 未来を強くする子育てプロジェクト > 子育て支援活動の表彰 > 第9回 > 受賞団体

未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰 女性研究者への支援 プロジェクトからのメッセージ 選考委員会のご紹介 結果発表 コンテンツマップ Facebook 住友生命公式ページ 住友生命のCSR
子育て支援活動の表彰
第8回 未来賞
特定非営利活動法人そらいろプロジェクト京都 京都府京都市 代表者 : 赤松 隆滋 発達障がいを持った子どもたちのためのヘアカット「スマイルカット」を実施

活動内容

発達障がいを持つ子どもたち一人ひとりの歩幅に合わせ、
ゆっくりとヘアカットを練習していきます

● 発達障がい児のためのヘアカット

 理美容室で髪を切ってもらう―。一見当たり前のことのように感じられるこの行為が、なかなか思うようにできない子どもたちが、実は世の中にはたくさんいます。私たちは、理美容室の椅子にじっと座って髪を切ってもらうことが苦手な発達障がい児のためのヘアカット「スマイルカット」を実施するとともに、この取組みに対する理解と協力を社会に広げるための啓発活動を行っています。

● 一人ひとりの個性と歩幅に合わせて

  長時間座っていられなかったり、ハサミやバリカンの音に敏感だったり、発達障がいを持った子たちが苦手とすることはさまざまです。しかし、イラストやタイマーを用いるなどしてヘアカットの流れをきちんと説明してあげることで、多くの子どもたちは納得し、落ち着いて施術を受けてくれます。スマイルカットの最大の特徴は、子どもたちの個性と歩幅に合わせながらゆっくりと、ともに「卒業(一人で髪を切ってもらえるようになること)」を目指していく点にあります。

● スマイルカットの輪を広げたい

 私たちの活動に賛同し、スマイルカットに取り組んでくれる仲間は徐々に増えつつありますが、それでもまだ数は少なく、受け入れ態勢は十分とは言えません。スマイルカットの輪を全国に広げることで、発達障がいを持った子どもたちがいつでもどこでも当たり前にヘアカットができるような環境を整えていきたいと考えています。

受賞の言葉

子どもたちの可能性は無限大です。医療・教育等さまざまな分野のプロが一歩理解を深めることで、みんなが暮らしやすい優しい世の中になるはず。「スマイルカット」で笑顔の花をたくさん咲かせられるよう、今回の受賞を励みに、これからも真摯に活動していきたいと思います。ありがとうございました。

受賞後の様子
 この受賞をきっかけに、理美容師をはじめ一般の方々や当事者の方々に、スマイルカットを知ってもらい、また当団体への信頼感と活動の必要性を感じてもらえたのではないかと思っています。
 散髪の好きな子どもたちを増やすため、またスマイルカットの啓発や発達障がい児への理解を広めるため、「悪い子なんてひとりもいないんだよ」というメッセージを込め、絵本「ピースマンのチョキチョキなんてこわくない!」(2016年7月)を発刊しました。副賞を使って、京都市全小学校・京都市立保育園・京都市私立保育園・京都市幼稚園・京都市児童館・図書館へ絵本を寄贈しました。念願であった絵本の寄贈をすることができ、子どもたちや施設の方々に喜んでいただけました。
 継続事業としては、「ママにもできる!チャイルドカット講座」が、2016年11月に第100回を突破。また、スマイルカット啓発のための講演会も全国で実施しています。この賞をきっかけに、多くの人に知ってもらえたことを大切にしていきたいと思います。
団体プロフィール
名称 特定非営利活動法人 そらいろプロジェクト京都
活動開始 2008年4月
スタッフ 18名
連絡先 〒612-8432
京都府京都市伏見区深草柴田屋敷町23-22
ピースオブヘアー内
TEL.075-642-2115

主催:住友生命保険相互会社 お問合せ先:「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局 TEL:03(3265)2283(平日10:00〜17:30)


ページの先頭へ戻る