ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 少子化・子育て > 未来を強くする子育てプロジェクト > 子育て支援活動の表彰 > 第10回 > 受賞団体

未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰 女性研究者への支援 プロジェクトからのメッセージ 選考委員会のご紹介 結果発表 コンテンツマップ Facebook 住友生命公式ページ 住友生命のCSR
子育て支援活動の表彰
第8回 文部科学大臣賞・未来大賞
NPO法人 たいようのえくぼ 【代表者:保志門 るり江】沖縄県浦添市 「沖縄の子育てをもっと楽しく」するために、ママたちが企画・制作するフリーペーパーを発行
を

活動内容

子育て情報誌の発行を通じ、子どもたちが健やかで豊かに育つことのできる社会を、家庭・地域・企業のみんなで創ることを目指します

● 沖縄の事情に即した子育て情報が好評

 県外とは文化も気候も大きく異なる沖縄では、一般に流通する育児誌に掲載されている情報が参考にならないケースが少なくありません。沖縄の実態に即した子育て情報を求めるママたちの声に応えるべく、私たちは「沖縄の子育てをもっと楽しく!」をモットーに、未就学児のファミリーを対象にした子育て情報誌『たいようのえくぼ』を発行しています。

● 企画から制作まで子育て中のママの手で

 誌面ではレジャーなど楽しい情報から社会課題などの硬派な話題まで、沖縄で子育てするうえで知っておきたい情報を総合的に紹介しています。そして企画、編集、制作、配布、協賛協力に至るまでのすべてを子育て中のママが行っている点も、私たちの活動の大きな特徴のひとつです。たとえば協賛企業への訪問や取材、イベントの開催なども子ども連れのママが行い、より共感性の高い当事者目線での情報収集・発信を心がけています。

● 次なる目標は、離島版『たいようのえくぼ』の発行

 発行部数は、号を追うごとに増刷を重ね、現在は21,000部までになりました。発行した各号は児童館やコンビニエンスストアなどの協力を得て県内全域に無料で配布しており、大変好評を博しています。「沖縄本島とは事情が異なる離島向けの子育て情報が知りたい」という声に応じ、スタッフや各種団体、そして地域間のつながりをさらに強化し、離島版の『たいようのえくぼ』を発行することが今後の目標です。

受賞の言葉

スタッフは子育て真っ最中のママたちで、仕事や家事、育児をしながら、時には子連れで企画・取材・制作・営業などを分担して行います。そんなママたちの活動は、家族やサポーターの応援、そしてスタッフ同士の支え合いがあるからこそ。この場を通じて、応援してくださったたくさんの皆さまに感謝を伝えたいと思います。

団体プロフィール
名称 NPO法人 たいようのえくぼ
活動開始 2008年11月
スタッフ 事務局3名 ボランティアスタッフ22名
連絡先 〒901-2103
沖縄県浦添市仲間1-7-5 3F
TEL.080-1746-7937

主催:住友生命保険相互会社 お問合せ先:「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局 TEL:03(3265)2283(平日10:00〜17:30)


ページの先頭へ戻る