ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 少子化・子育て > 未来を強くする子育てプロジェクト > 子育て支援活動の表彰 > 第10回 > 受賞団体

未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰 女性研究者への支援 プロジェクトからのメッセージ 選考委員会のご紹介 結果発表 コンテンツマップ Facebook 住友生命公式ページ 住友生命のCSR
子育て支援活動の表彰
第8回 未来賞
KOPA(Kids Outdoor Play Activity) 東京都世田谷区 代表者 : 矢郷 恵子 都会に暮らす乳幼児に外遊びの場を提供する「プレーリヤカー」で公園を巡回

活動内容

公園を乳幼児の遊び場として活用するための、
リヤカーに外遊びの遊具を積んだ「プレーリヤカー」での出前型遊び場づくり

● 乳幼児が水遊び・泥遊びを楽しめる場をつくりたい

 10年ほど前に、子育て期の公園利活用について調査したところ、水遊び・泥遊びのニーズが非常に高いことがわかりました。世田谷区は23区では比較的自然の多い地域ではありますが、住宅の集合化や街並みの都市化に伴い、外遊びを存分に楽しむことのできる場が年々少なくなっているのが現状です。そうした状況を踏まえ、街中の公園を子どもたちの外遊びの場として有効に活用するための「プレーリヤカー」の巡回を開始しました。

● いつもの公園が特別な遊び場に

 90cm×60cmの小さなリヤカーに積み込むのは、簡易な道具や遊具に過ぎません。しかし、「プレーリヤカー」が到着すると、いつもの公園はたちまち普段とは異なる、外遊びが存分に楽しめる特別な空間に早変わりします。子どもたちがのびのびと外遊びを楽しむ姿は、一緒に参加している親御さんの心と体も解きほぐすようで、リラックスしたムードで親御さん同士のコミュニケーションも自然と生まれ、情報交換や交流の場にもなっています。

● 行政や多様な担い手との連携により定着

 一過性のイベントではなく、日常の遊び場として定着しつつあることに手応えを感じています。「プレーリヤカー」の取組みは現在、区内7つの団体で導入され、年間の実施回数は150回を数え、未実施地域からのお誘いも大変多くなっています。今後は講演会・講習会を通じて「プレーリヤカー」のノウハウや効果を伝えることで、外遊びの機会を広く提供していきたいと思っています。

受賞の言葉

乳幼児の外遊びを活発にするために、身近な公園での遊びのしかけづくり、プレーパークでの乳幼児サロンの普及、公園遊びのサポーターなどの育成や研修を実施しています。今回の受賞で「プレーリヤカー」を知ってもらい、乳幼児の外遊びへの関心を高められるとても大きな可能性をいただき、うれしく思います。ありがとうございました。

団体プロフィール
名称 KOPA(Kids Outdoor Play Activity)
活動開始 2006年4月
スタッフ 8名
連絡先 〒155-0033
東京都世田谷区代田3-31-2 矢郷方
TEL.090-4226-8078

主催:住友生命保険相互会社 お問合せ先:「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局 TEL:03(3265)2283(平日10:00〜17:30)


ページの先頭へ戻る