ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 少子化・子育て > 未来を強くする子育てプロジェクト > 子育て支援活動の表彰 > 第10回 > 受賞団体

未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰 女性研究者への支援 プロジェクトからのメッセージ 選考委員会のご紹介 結果発表 コンテンツマップ Facebook 住友生命公式ページ 住友生命のCSR
子育て支援活動の表彰
第8回 未来賞
NPO法人 女性と子ども支援センターウィメンズネット・こうべ 兵庫県神戸市 代表者 : 正井 禮子 困難を抱える女性やひとり親家庭のための居場所づくりと、貧困の連鎖を断ち切るための学習支援を実施

活動内容

貧困や孤立に悩むDV被害女性や母子を対象に、
安心できる居場所(WACCA)を提供し、相談や学習支援を行っています

● さまざまな困難を抱える女性や母子の居場所づくり

 20年以上にわたりDVシェルターの運営等に携わるなかで、DV被害により離婚された女性の生活再建が非常に厳しいという現実を目の当たりにしてきました。DVの後遺症、貧困、子育ての困難などさまざまな問題を抱える女性やシングルマザーたちを支援するために、2013年に「WACCA(わっか)」を設立。孤立感を解消し、安心して過ごせる居場所「シングルマザーズ・カフェ」の運営をはじめ、心の回復や経済的自立をサポートするための活動を行っています。

● ひとり親家庭の子どもの学習をサポート

 神戸市長田区周辺は、生活保護世帯や児童扶養手当受給の母子世帯が市内でも特に多い地域となっています。貧困問題は教育格差を生み、それが新たな貧困や暴力の問題を引き起こすケースも少なくありません。ひとり親家庭を対象にした「WACCA塾」では、経済的な理由等により通塾が困難な家庭の子どもたちを受け入れ、無料で学習支援を行っています。

● 経済的な自立を目指す母親のための学びの場

 シングルマザーを対象にした保育つきの学習支援「WACCAスクール」を開設し、貧困のスパイラルを母子双方から断ち切るための支援活動を行っている点が特徴です。経済的な自立を目指すうえで、母親たちの目標は、高卒認定試験合格や資格取得など多種多様です。皆で支え合いながら、それぞれの目標を目指して日々頑張っています。

受賞の言葉

DV被害女性や子どもの生活再建は非常に厳しく、貧困に加えて孤立した子育てから児童虐待に陥ることもあります。スタッフが常駐し、相談したり、仲間にも出会える居場所は、孤立感の解消や自尊感情の回復につながります。制度の狭間にある事業のため財政難ですが、活動が評価されたことは今後の大きな励みとなります。

団体プロフィール
名称 NPO法人 女性と子ども支援センターウィメンズネット・こうべ
活動開始 1992年4月
スタッフ 16名
連絡先 〒653-0036
兵庫県神戸市長田区腕塚町5丁目5-1-206
TEL.078-798-6150 WACCA(わっか)

主催:住友生命保険相互会社 お問合せ先:「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局 TEL:03(3265)2283(平日10:00〜17:30)


ページの先頭へ戻る