ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 少子化・子育て > 未来を強くする子育てプロジェクト > 子育て支援活動の表彰 > 第10回 > 受賞団体

未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰 女性研究者への支援 プロジェクトからのメッセージ 選考委員会のご紹介 結果発表 コンテンツマップ Facebook 住友生命公式ページ 住友生命のCSR
子育て支援活動の表彰
第8回 未来賞
チームWeB 兵庫県姫路市 代表者 : 小嶋 明 車いすバスケの体験型交流会を通じて、ノーマライゼーション社会の実現を目指す

活動内容

年間約50校を訪問し「車いすバスケットボール体験交流会」を実施、
毎月1回「車いすバスケットボール教室」を開催しています

● ノーマライゼーション社会の実現のために

 障がい者に対する社会インフラは整備されつつある一方で、その生活に対する理解はまだ十分とは言えません。「障がい者スポーツを通じ、真に豊かな生活を考え、ノーマライゼーションの実現を図る」ことを理念として掲げる私たちチームWeBは、県内外の学校を訪問し、車いすバスケットボールの体験型交流会を開催する活動を行っています。

● 障がいを持つ選手たちとの交流を通じて学ぶこと

 交流会の内容は、車いすバスケットボールの説明に始まり、選手によるデモンストレーション、生徒たちの体験乗車、ミニゲームなど盛りだくさんです。迫力あるプレーを間近で観たりミニゲームを一緒に楽しむことで、それまで抱いていた「障がい者=弱者」というイメージを一変させる子も少なくありません。参加した子どもたちから寄せられるたくさんの手紙が、この活動を続けていくうえで大きな励みにもなっています。

● 障がい者スポーツを盛り上げ、すそ野を広げたい

 啓発と体験の機会を広く提供するために、一般市民向けの「車いすバスケ教室」も定期的に開催しています。こちらは多様な団体と連携することで、車いすバスケに限らず、さまざまな障がい者スポーツが体験できる内容になっています。2020年東京オリンピック・パラリンピック開催を追い風に、私たちの活動が障がい者スポーツの振興や、ノーマライゼーション社会の実現の一助になれば幸いです。

受賞の言葉

活動を通して出会った子どもたちは、70,000人に上ります。子どもたちの笑顔が、16年間のべ650校に及ぶ学校訪問を続けてこられた原動力です。受賞を契機に、障がい者スポーツの認知度を高め、子どもたちの成長とともにノーマライゼーション社会の実現を図る活動を続けていきたいと思います。

団体プロフィール
名称 チームWeB
活動開始 2001年4月
スタッフ 20人(非常勤)
連絡先 〒671-1204
兵庫県姫路市勝原区朝日谷247-5
TEL.080-1418-5912(小嶋)

主催:住友生命保険相互会社 お問合せ先:「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局 TEL:03(3265)2283(平日10:00〜17:30)


ページの先頭へ戻る