ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 少子化・子育て > 未来を強くする子育てプロジェクト > 子育て支援活動の表彰 > 第10回 > 受賞団体

未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰 女性研究者への支援 プロジェクトからのメッセージ 選考委員会のご紹介 結果発表 コンテンツマップ Facebook 住友生命公式ページ 住友生命のCSR
子育て支援活動の表彰
第8回 未来賞
特定非営利活動法人 未来図書館 岩手県盛岡市 代表者 : 古澤 眞作 大人の想いにふれて、子どもたちが自らの将来をイメージする機会を

活動内容

多様な生き方や価値観を持つ大人と子どもたちが直接出会い、
共に学び合うプログラムを県内の小中高校の授業のなかで実施しています

● 子どもたちに働くことの意義を伝えるプログラム

 人口流出など地方都市の厳しい現実に加えて、震災からの復興という大きな課題を抱える岩手県では、地域に根差したキャリア教育が求められています。一方で、将来に夢を描けない若者が増えている現状に対し、私たちは主に「未来パスポート」「かだる」という2つのプログラムを通じて、子どもたちと社会をつなぎ、仕事や将来について考える機会を提供する活動を行っています。

● 大人との交流を通じて社会を知り、将来を思い描く

 「未来パスポート」は小中高校生と社会で活躍する大人(社会人講師)の交流を目的にしたグループワークで、社会人講師が自らの経験を語り、子どもたちが質問を投げかける対話を通じて、将来の姿を思い描くきっかけづくりを行っています。また、「かだる」は中学生から20代前半の生徒・若者を対象に、ひとつのテーマを掘り下げて真剣に語り合い、人と「通じあう」楽しさを体感し、「自分の言葉」で語るコミュニケーションの大切さを伝えています。

● 良好なパートナーシップにより活動を推進

 これまで1,200名を超える社会人講師、学生に参加をいただいていますが、将来について真剣に考える子どもたちとの交流は、講師にとっても自らの生き方や働き方を見つめ直す良い機会になっているようです。また、講師を派遣してくれた協力企業からは「社員教育にもつながる」と好評をいただき、活動をサポートしてくれる社会人講師や協力企業と良好な関係を築くことができています。

受賞の言葉

このたびは、「スミセイ未来賞」受賞の栄誉を賜り感謝申し上げます。私たちは、子どもと社会をつなぐことをミッションとして活動しています。今回の受賞を機に、キャリア教育支援プログラムを大学生を中心とした若者のインターンの場としても展開するなど、更に拡大したいと考えています。

団体プロフィール
名称 特定非営利活動法人 未来図書館
活動開始 2004年12月
スタッフ 4名
連絡先 〒020-0878
岩手県盛岡市肴町4-20 永卯ビル3F
TEL.019-654-6601

主催:住友生命保険相互会社 お問合せ先:「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局 TEL:03(3265)2283(平日10:00〜17:30)


ページの先頭へ戻る