ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 少子化・子育て > 未来を強くする子育てプロジェクト > 子育て支援活動の表彰 > 第10回 > 受賞団体

未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰 女性研究者への支援 プロジェクトからのメッセージ 選考委員会のご紹介 結果発表 コンテンツマップ Facebook 住友生命公式ページ 住友生命のCSR
子育て支援活動の表彰
第8回 震災復興応援特別賞
NPO法人 子育て応援おおきな木 熊本県上益城郡 代表者 : 木村 由美子 被災した子どもたちのための遊び場支援と、仮設住宅を訪問する巡回型サロンを実施

活動内容

被災後、遊び場や居場所がなく、不安でいっぱいになった子どもたちと
子育て家庭が一日も早く日常へ戻れるよう支援しています。

● 過酷な状況で頑張る子育て家庭を支えたい

 子育て家庭の交流の場として「つどいの広場とんとん」を開設し支援内容の充実を図っていた最中、私たちは熊本地震に見舞われました。活動拠点は使用できなくなり、スタッフ自身も被災していましたが、復興と育児に追われるご家族の負担を少しでも軽くしたいと考え、地震発生の翌月には避難所の一角に仮の拠点を設けて、子育て家庭のための支援活動を再開しました。

● 多彩なプログラムで、被災した子どもたちの遊びを支援

 これまで行ってきた「つどいの広場とんとん」の運営や各種講座の開催、そしてファミリーサポート事業などに加えて、震災直後から新たに始めたのが「週末の小学生の遊び場支援活動」です。被災した子育て家庭が家の片付けに専念できるよう、週末限定で子どもたちを受け入れる広場活動としてスタートしましたが、現在はさまざまな分野の専門家の協力のもと多彩なプログラムを実施し好評を博しています。

● 復興途上にある熊本で継続的なサポートを

 子育て中の母親の相談に乗ったり息抜きの時間を提供したりするために、町内の仮設住宅16ヶ所を定期的に訪問してサロンを開設する巡回事業も新たにスタートさせました。町にはがれき置き場が目立ち、今なお多くの被災者が仮設住宅での暮らしを余儀なくされるなど、熊本はいまだ復興の途上にあります。被災した子育て家庭のニーズを汲み取りつつ、これからも息の長い支援活動を続けていきたいと思っています。

受賞の言葉

親子で過ごせる場所、親同士が育ちあえる場所を作りたいと、子育てサロンから始め、振り返ると12年になっていました。突然の地震で活動場所をなくし、途方に暮れましたが、全国からたくさんの支援をいただき、幅広いネットワークができました。地震で大変な思いをしたときに、このような素晴らしい賞をいただき感謝の気持ちでいっぱいです。

団体プロフィール
名称 NPO法人 子育て応援おおきな木
活動開始 2005年4月
スタッフ 常勤2名
連絡先 〒861-2242
熊本県上益城郡益城町木山236
TEL.096-289-1631

主催:住友生命保険相互会社 お問合せ先:「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局 TEL:03(3265)2283(平日10:00〜17:30)


ページの先頭へ戻る