ホーム > 住友生命について > 住友生命のCSR > 豊かな社会づくり > 少子化・子育て > 未来を強くする子育てプロジェクト > 子育て支援活動の表彰 > 第11回 > 受賞団体

未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰 女性研究者への支援 プロジェクトからのメッセージ 選考委員会のご紹介 結果発表 コンテンツマップ Facebook 住友生命公式ページ 住友生命のCSR
子育て支援活動の表彰
第11回 厚生労働大臣賞・未来大賞
認定NPO法人 CAPNA 愛知県名古屋市 代表者:萬屋 育子

活動内容

虐待防止に関わる幅広い子育て支援活動を、行政や専門職と協力しながら取り組んでいます。

● 児童虐待の問題にいち早く注目

子どもの虐待が社会問題として注目され始めた1990年代に、児童養護施設代表、児童福祉司、弁護士などさまざまな立場で子どもの問題に関わるメンバーが中心となって立ち上げた団体です。愛知県では児童相談所への相談件数が増加傾向にあり、子育てに対して不安や悩みを抱える養育者も少なくありません。多彩なメンバーで協力・連携しながら児童虐待防止活動に精力的に取り組んでいます。

● 電話相談を支援の入り口として活用

団体設立当初から継続して行っている電話相談「CAPNAホットライン」は、団体の中心となる活動であり、現在はメール相談にも対応しています。虐待のほか妊娠、出産、子育てに関するさまざまな悩みや苦しみを抱えた方から、日々相談が寄せられます。困難を抱える家庭への支援の入り口として、電話・メール相談が果たす役割はとても大きいと感じています。

● 新たな取組みにも力を入れています

電話相談に加え、虐待死に関するデータブックの発行やDV被害者のためのシェルター運営など、活動の幅を広げてきました。近年、新生児の特別養子縁組の普及や、安全委員会方式による施設内での虐待防止にも力を入れています。こうした地道な相談・啓発活動が一定の成果をあげ、行政や世間の虐待に対する意識の向上に貢献できたことをうれしく思います。

受賞の言葉

これまでの地道な活動を認めていただき、ありがとうございました。
今後も「子どもたちの笑顔のために」子どもの虐待防止・子育て支援・赤ちゃん縁組の推進・養護施設での暴力防止プログラム・DVシェルターでの支援など、地域や行政と協働して活動を続けたいと願っております。

団体プロフィール
名称 認定NPO法人 CAPNA
活動開始 1995年10月
スタッフ 約80名
連絡先 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-4-4-404
TEL.052-232-2880 FAX.052-232-2882

主催:住友生命保険相互会社 お問合せ先:「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局 TEL:03(3265)2283(平日10:00〜17:30)


ページの先頭へ戻る