#GO MARKETING #GO MARKETING リテール企画

竹田夏琳

ビジネスキャリア職2015年入社(東京地区採用)

竹田夏琳 KARIN TAKEDA商品部 営業情報開発室
※取材当時

現在の仕事は? 01

営業情報開発室は、お客さまに保険をご提案するための設計書や商品パンフレット・動画・コンサルティングツール等を作成する所属です。私が担当する商品パンフレット・動画・商品ホームページの作成にあたっては、制作会社や関連する部署と打ち合わせを重ねながら企画・検討・作成を進めていきます。保険にはカタチがないと言われますが、言葉でカタチを与える仕事です。お客さまへ正確な情報を分かりやすくお伝えするために一つひとつの言葉選びなど細部に気を配ります。

仕事の中で
忘れられない出来事は?
02

認知症に関する情報提供パンフレットを作成したことです。多くの著書などから情報収集を行いながら企画し、制作会社や監修先の医療機関と連携しながら1年かけて作成しました。作成過程では、お客さま目線で分りやすいパンフレットとするために社外有識者(CS向上アドバイザー)からアドバイスを頂戴しました。最初は手厳しい意見が多く長い道のりに感じることもありましたが、完成間近となりアドバイザーの皆さまから「とても分かりやすいパンフレットになった」と認めていただいた際には、今までの努力が報われた気持ちでした。

photo
仕事のうえで、
大事にしていることは?
03

"相手"の立場に立って考えることを大事にしています。"相手"は、自分が作成したパンフレットを手にする「お客さま」、作成に協力してくださる「制作会社の方」、一緒に仕事をする「同僚」など様々です。事務と聞くと、一人で黙々と資料を作るイメージがあるかもしれませんが、その資料には必ず目的があり読み手がいることを意識しています。資料一つにも自分の個性を乗せられることが、楽しみであり、やりがいを感じています。

住友生命の「スゴイ」と
感じるところは?
04

妥協しないところです。パンフレット等の作成においても、「今より少しでも分かりやすくすることはできないか」と、表現の細部にわたって最後の最後までチームで意見を出し合い検討します。若手であろうと自分の意見をしっかりと伝えたり、先輩も後輩の意見を尊重しながらアドバイスしてくれたりと、年次を超えて考えや知恵を出し合う文化が根づいているところも、当社の魅力だと感じます。モノを作っていく仕事は大変なことも多くありますが、メンバー同士が真剣に意見をぶつけあい、こだわった分だけ良いモノができる。そう思うからこそ、懸命に取組み続けたいと思います。

そもそも、住友生命に
入社を決めた理由は?
05

長く働きたいという気持ちから、就職活動においては、業務内容に加えて企業の空気感が自分に合っているかを重視していました。そのため、気になる企業には必ず足を運び、実際に働いている方と会話をすることを徹底して行いました。そうしたなかで、住友生命のセミナーに参加した際、社員の方々の細かな気配りや優しさを肌で感じると同時に、座談会を通して生き生きと働く先輩たちの姿に惹かれ、「自分もこのような人になりたい」と心の底から思えたことが入社の決め手となりました。

photo

相手の立場で考え抜く

One Day

  • 8:50

    出社

    出社

    出勤後、各案件の進み具合やメールを確認し、その日にすべきことを整理します。

  • 10:10

    チームミーティング

    チームミーティング

    在宅勤務のメンバーとビデオをつなぎ、それぞれのタスクを確認します。

  • 12:00

    昼食

    昼食

    気分転換と運動不足解消を兼ねて、近くの商業施設までお昼ご飯を買いに行きます。

  • 14:00

    社外打合せ

    社外打合せ

    新たな動画の作成に向け、印刷会社と構成内容の打ち合わせをします。

  • 16:00

    原稿作成

    原稿作成

    改訂するパンフレットの内容を検討し、印刷会社へ提出する原稿を作成します。

  • 18:00

    退社

    退社

    チーム長にその日の業務内容をメール報告し退社します。

職員が撮影してみました!
仕事や職場の様子を
動画でチェック!

Off Time

  • ベランダでおうち時間も満喫

    ベランダで
    おうち時間も満喫

    人工芝を購入してベランダへ。おうち時間も大切に楽しんでいます。

  • 同期とウォーキングイベントに

    同期と
    ウォーキングイベントに

    今はなかなか難しいですが、同期とは休日にイベントや旅行も一緒に行く仲です。